【公式】婚活パーティー・お見合いパーティーのイベントを探すなら婚活のエクシオ

ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
関東エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2020年04月15日

「受け身」「会話下手」「リードできない」男性にばかり遭遇する?

キーワード:, , , , , , ,

婚活パーティーに参加すれば、大勢の中から素敵な男性を見つけることができる、最高のお相手と最高の出会いができる・・・確かにそうして素敵な出会いを引き寄せた人はたくさんいます。しかし「誰でも楽して簡単に」というわけではありません。

魅力的な男性はとっくに結婚している、と考えよう

婚活パーティーで出会う男性は、何かと受け身の姿勢。会話のキャッチボールも上手くない、デートひとつとってもリードしてくれないし優柔不断・・・。
このように嘆く女性がいます。しかしある程度想定内なのではないでしょうか?
なぜなら、積極的で会話が楽しく魅力的な男性はとっくに結婚している可能性が高いからです。
婚活パーティーに参加しなくても自分でお相手を見つけることができるでしょう。
もしこのような「超優良物件の男性」が迷い込んできたら、選ばれるのも「超優良物件の女性」です。
いわゆる需要と共有のバランスが取れた状態に落ち着くのです。

お相手も「若くない」「可愛くない」「仕事も家事も中途半端」と思っているかも?

自分のことを棚に上げて相手に理想ばかり要求するのは一番いけないこと。このような人は何度参加しても良縁は掴めないでしょう。
そもそもあなたは、若い頃に魅力的な男性から声を掛けられなかった過去があります。だからこうして婚活しているのです。その現実を真摯に受け入れるべきです。
今になって突然魅力的な男性から声を掛けられることを望んでも難しいのは分かりますよね。
「出会いがなかった」というのは言い訳にすぎません。魅力的な同僚は次々と結婚していませんか?

まじめで誠実な男性と出会える場である、と考えよう

婚活パーティーにくる男性は、あまり恋愛経験がなく、女性との会話に自身が持てない人も多いです。ですから婚活パーティーに来て経験を積み、素敵な人を見つけようとしているのです。
ですから、まじめで誠実な男性と出会える、とポジティブ思考に変換しましょう。お相手の良い面を見つけて素敵だな、と思うことは、婚活を成功に導くための基本のキです。
お相手の粗探しばかりする人は、自分もあら捜しばかりされていると思いましょう。

自分を見つめなおしてニーズを知ろう

婚活ではよく「自分を見つめ直す」というワードが出てきます。これは相手に対する条件を考え直すことではありません。
「自分の理想とする男性≠私を理想としてくれる男性」を十分認識することです。
自分の理想とする男性は、どんな女性を求めているのか。自分は当てはまっていますか?
また、自分はどの程度のレベルの男性からニーズがあるのかを良く把握し、ミスマッチを起こさないことが大切です。
ミスマッチをどれだけ減らせるかが、婚活を成功に導くカギなのです。

ページトップ