株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! |【公式】婚活のエクシオ |エクシオ
1月のカップル数
18,516
月~木曜11:00~20:00 金曜・祝前11:00~21:30
土曜9:00~21:30 日曜・祝日9:00~20:00
パーティー開始20分前迄お電話にてご予約承っております!
オンラインからのご予約は24時間受付中♪
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
月~木曜11:00~20:00 金曜・祝前11:00~21:30
土曜9:00~21:30 日曜・祝日9:00~20:00
パーティー開始20分前迄お電話にてご予約承っております!
オンラインからのご予約は24時間受付中♪
関東エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2020年02月01日

それでも人々が結婚に向かうのはなぜなのか?

キーワード:, , , , ,

「結婚するかしないかは個人の自由」「結婚することが幸せとは限らない」このような意見が一般化している現在。
それでも約7~8割の独身者は、なぜか結婚に向かいます。なぜ人々はここまで結婚に縛られるのでしょうか?

結婚はリスクを含むもの

当り前ですが、結婚=幸せではありません。あなたのまわりにも結婚して離婚した人はたくさんいるでしょう。改めて恋をして再婚する人もいますが、ほとんどの人はもう結婚なんてコリゴリと言っていませんか?
凶悪な事件はほとんど親族間で起きていると言われています。介護問題でもめたり財産でもめたりもします。
こんな周りの話を聞くたびに、だったら一生独身の方がまし、自分は一人で生きていく、こう覚悟を決めた人もたくさんいるのではないでしょうか?

結婚しても独身を貫いてもリスクは伴う

結婚することは当然リスクが伴います。赤の他人と長きにわたって共同生活をすることですから、価値観や考え方が完全に一致する人はいません。
どこまで許容できるか、お互い理解し合えるか。
相手が自分の求めるレベルに全く達しなかった時、一生を添い遂げる自信がなくなります。
また、相手の求めるレベルに自分が到底達しない時、相手は自分に愛想をつかすでしょう。
それらが積み重なると多大なストレスとして心身を襲います。
子どもが産まれたらさらに大変。家事育児の分担や育児方針、双方のご両親との関わり方など、もめごとはつきものです。

一方、独身生活が気楽でいい、自分は一生独身で過ごす、と決めても、あらゆるリスクは伴います。
一番戦わなくてはならないのは世間体でしょう。まだ「普通の人は結婚する」「結婚しない人は何かが足りない」「結婚できないなんてかわいそう」という元来の価値観を持ってる人は多いです。「なんで結婚しないの?」うんざりするほどこの質問には出会うでしょう。
また、病気やケガをした時、「ご家族の方に書類を書いてもらって」「ご家族に着替えを持ってきてもらって」と言われます。しかし、独身だと身近に頼れる親族がいません。
将来的に自分が看取られる時、兄弟姉妹や甥っ子姪っ子に多大な迷惑をかけることになります。

一昔前は結婚は生活を向上させるための手段だった

日本が経済成長を続けていた時代、結婚は生活を向上させるための手段でした。女性はより条件の良い夫を探そうとしました。年収や身長、社会的立場など。夫の立ち位置が自分のステイタスになっていたからです。
男性も若くて美しく家事ができて器量の良い相手を探しました。嫁に来るのですから、自分の家族や親族とうまくやれるコミュニケーション力が求められました。
そのためか、結婚に損得勘定が生まれました。この人と結婚した方が得、というような感情です。
また、主婦の間では今でいうマウンティングなるものも生まれました。自分の夫の方が出世しているとか、自分の子どもの方が優秀だとか。
結婚して家に入る女性が多かった時代。自分自信が評価されることがなく、夫のや子どもの評価がそのまま自分の評価になってしまっていたのでしょう。

自分を承認してくれる相手がほしいから結婚する現代

子どもの頃は、自分を認めてくれて承認してくれる親という心強い存在がいました。しかし、自立して社会に出たら、なかなかそういう人が周りにいないことに気付きます。親もだんだん高齢になってきます。
そんな時に、自分を承認してくれるパートナーが欲しい、家族が欲しいと思うようになります。これが、人々を結婚に向かわせるのでしょう。
実際には、スペックとはまた異なった価値観で相手を見るようになります。その基準は十人十色。中には期待値がかなり上がってしまう人もいます。こういう人はなかなか結婚できません。
既婚者には何とも言えない安心感が漂っています。これが心の余裕となって表情に現れます。ですから、「素敵な人だなと思うと、たいがい既婚者」という話がよくあるのです。

ページトップ