ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
関西エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2019年12月15日

まずは行動を!全国で大盛況のシニア婚活

キーワード:, ,

積極的に恋愛をしない若い男女が増え、これが少子高齢化に繋がっていると懸念する声があります。
一方で盛況なのがシニア婚活。まずは行動あるのみ。勇気を出して一歩を踏み出してみませんか?

パートナーを求めるシニア世代

結婚相談所や婚活パーティ―は今や若者だけのものではありません。
大手の結婚相談所は続々とシニア向けのサービスを展開していますし、婚活パーティーの企画でもシニア向けはどこも大盛況。カップル率も高く、今や若者よりもシニアの恋愛事情が熱いのかもしれません。
しかし、これから生活基盤を構築して子どもを育てたい若年層とは異なり、シニアにはシニアに相応しい婚活のやり方があります。

約7割は離婚経験者?

結婚の機会に恵まれずにシニアになった人もいますが、婚活している人の約7割は離婚経験者というデータもあります。
若い頃に結婚をしていたけれども離婚。当時はもう結婚なんてコリゴリと思っていても、仕事が落ち着き、子育ても一段落した今、もう一度恋愛してみようかな、と余裕が出てきたのでしょう。

まずは・・・行動を起こすことから

シニア婚活に積極的なのは女性が多いと言われています。新しい情報に敏感なこともあるでしょう。また世代的に結婚したら仕事をやめた人が多く、経済的な問題もあるかもしれません。
男性は世間体を気にしてか「今さら面倒」と思う人が多いようです。しかし、老後を一緒に過ごす人が欲しい、このまま一人で年を重ねていくのは寂しいと考える人は多いとのこと。
まずはたくさんの人が参加するパーティーから参加してみてはいかがでしょうか。

婚姻関係でなくパートナーでいい、という人も

婚活をするシニアの約半数は婚姻関係になることを望んでいますが、反対に約半数はパートナのままがいい、と考えているようです。相続や子どもとのトラブルを避けるためでしょう。
婚姻関係を結びたい場合、財産については子どもよく話し合い、揉めごとにならないように遺言書を作成しておきましょう。また普段からよくコミュニケーションをとっておくことも重要です。
何より、自身が「この人といると幸せに生活できる」ということを子どもたちに理解してもらいましょう。
わずらわしいことは避けたいカップルは、パートナーにとどめておくことも一つの手です。
同居はせず、日中や週末を一緒に過ごすパートナーという形にしておけば、後になってトラブルが防げるかもしれません。

シニア婚活ではどんな人が求められるのか?

当たり前の話ですが、最終的にはお互いの人柄が気に入るかです。でもその前にチェックしておくこともあります。

●服装や言葉使い・態度
特に男性に注意して欲しいのが服装です。特別着飾る必要はありませんが、せめてジャケットを着用するなど、清潔感は大切にしましょう。
また世代的に女性よりも男性の方が立場が上、家事は女性がやるものと決めつけている男性は多いですが、シニアとなった今はそのような考え方は改め、対等なパートナーとしましょう。
女性も無理な若作りはせず、年相応の服装とメイクで。年を重ねたことをポジティブにとらえましょう。若い女性にはない落ち着きと包容力で勝負。また、あからさまに「経済的に男性に頼りたい」という考え方はNGです。

●老後は目前と考えておく
相思相愛だからというだけで一緒になれないのがシニア層。目前に老いが迫ってきています。
近い将来、お互いにどちらかが介護を担う可能性が出てきます。そうなるとお金の問題は切実です。
できる限り二人で完結できるように準備しておき、難しくなったら子どもたちにどの程度を頼れるのか、シビアな問題だからこそ逃げずに話し合っておきましょう。

ページトップ