株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! |【公式】婚活のエクシオ |エクシオ
3月のカップル数
14,002
月~木曜11:00~20:00 金曜・祝前11:00~21:30
土曜9:00~21:30 日曜・祝日9:00~20:00
パーティー開始20分前迄お電話にてご予約承っております!
オンラインからのご予約は24時間受付中♪
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
月~木曜11:00~20:00 金曜・祝前11:00~21:30
土曜9:00~21:30 日曜・祝日9:00~20:00
パーティー開始20分前迄お電話にてご予約承っております!
オンラインからのご予約は24時間受付中♪
関西エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2019年07月01日

「価値観が合う」本当の意味とは?

キーワード:, , , , ,

結婚を望む独身男女が口を揃えて「お相手は価値観が合う人がいい」と言います。しかし、価値観が同じ、または違うとは、お相手のどこを見て判断しているのでしょうか。また、価値観という言葉が指す意味は何でしょうか?

▼「価値観が同じ人」としておけばリスクを回避できる」

一生を添い遂げるのですから、価値観があまりにも違う人との生活はストレスになります。しかし、何を価値観と認識するのか、また、「同じ」と「違う」の境界線はどこにあるのか、はっきりとした答えを示せる人はいないでしょう。
それなのになぜお相手に求める条件に「価値観の合う人」とあいまいに記載するのでしょうか。
大きな理由は、相手の範囲を広げるためです。

▼「〇〇な人」とはっきり書かないほうがいいワケ

もし条件に「長男以外の人」や「ロングヘアの人」とはっきり書いてあったら、それに当てはまらない人は少し気分を害するのではないでしょうか。
せっかくお見合いを申し込もうとしても「自分は長男なんだよな」「私はショートヘアだし」とあきらめてしまうかもしれません。そうなると範囲はどんどん狭くなってしまいます。
「価値観の合う人」とあいまいに書いておけば、範囲は広がりますし、お相手の気分も害しません。またお相手へ「細かい条件は示しませんよ」という心使いにもなります。
婚活においてお相手の範囲を広げることは鉄則。アドバイザーから「検索条件はできるだけ絞って」と言われるのはこのためです。

▼お相手の価値観を知るには?

価値観とはその人が生まれてから今日に至るまでに形成された考え方や既成概念のこと。一人ひとり違ってあたりまえです。ただ一緒にいて、自分に近いかも、と感じることはあるでしょう。こういう場合、「この人とは価値観が似ているかも」と感じます。
婚活パーティーでカップルになった場合、お相手の人柄はぼんやりと分かりますが、価値観まではなかなか分からないでしょう。格好をつけたり見栄を張ったりすることもあります。
付き合い始めたら以下の点を気に留めてお相手の価値観を感じ取りましょう。

〇日常の金銭感覚を知る

衣食住にどれくらいお金をかけているかは見ておきましょう。その人がお金をかけるもの=その人にとって価値があるものです。よく把握しておきましょう。

〇食事の好みや決まりごとを見る

一緒にお酒を飲むのか、品数を気にするのか、テレビ・スマホOKかなど、気にして見ておきましょう。

〇男女差や子どもの有無を見る

共働きに理解があるか、専業主婦希望か、家事や育児の分担に積極的かなど、共働きが増えた現代ではよく確認しておく必要があります。

〇話題のニュースやトピックを振る

話題のニュースやトピックを振り、お相手の興味や関心の対象を把握しましょう。お付き合いが長くなってきたら、宗教感・支持政党の話題に触れてもいいでしょう。

▼生身のお相手と出会える婚活パーティーは、お相手をのことが分かりやすい

結婚相談所やネット婚活では最初にプロフィールが目に入るので、プロフィールベースでしかその人のことを判断できません。
またプロフィールベースで自分の好みに会う方と実際に会ってみたら、想像と全く違った、ということもよくあります。
婚活パーティーでは、まず会って会話をしながらプロフィールを確認します。その人の人柄や雰囲気が感じ取りながらフィーリングを確かめることができます。これこそ婚活パーティーの最大のメリットであり、良さでもあります。

▼価値観が完全に一致する人は・・・存在しません

世界中に自分と同じ人が存在しないように、価値観が完全に一致する人は存在しません。多少なりとも異なる考え方をするのが人間同士。
その異なる点がストレスに感じてしまったら、二人で話し合って解決することが望まれます。
価値観が違うと感じる場面があった時に、話し合う姿勢を持ち、問題を解決しようとする意識があるかが大切なのです。
お相手がそのような人格者であれば、多少の価値観の違いは十分克服できるでしょう。

ページトップ