株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 2015年7月のニュース|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 2015年7月のニュース|エクシオ
7月のカップル数
17,256
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
平日参加し放題パック 大人婚活★男性semi EXECUTIVE編 ぽっちゃり女性限定編 男性公務員限定編 全国一斉開催!専門職&安定収入男性限定編 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 一年以内に結婚希望編 30・40歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!

2015年7月のニュース

政治・経済・社会

EU金融支援STOPにギリシャ財政破綻の危機

EU金融支援STOPにギリシャ財政破綻の危機

「借りたお金は返すもの」。当然のことです。
しかし、その当たり前のことすら放棄しようとする国の姿勢に、EU各国は業を煮やす事態となっています。
莫大な借金を抱えるギリシャは、EUやIMFから大幅な歳出削減や増税といった緊縮策を要求され、これまでも財政再建を図ってきたのですが、何分こののんびりとしたお国柄です。なかなか前に進まず今日に至ってしまったわけです。
ご存じ、南欧と言えばシエスタというお昼寝文化が根強く残る大らかな地域。時間にルーズであまり働かないという不名誉な言われ方もよくされます。納税意識も低く、国家はまさに火の車状態。6月末日の返済期限にも当然対応出来るはずもなく、ATMからお金が引き出せなくなる事態になり、首相の開き直り発言が波紋を呼びました。
EU離脱か残留か。
背後に見え隠れする中国やロシアといった強国とのパワーバランスをも考慮に入れると、そう簡単に解決できる問題ではない深刻な問題として、今後もその動向を見守る必要がありそうです。

軍艦島をはじめとする23施設『明治日本の産業革命遺産』が世界遺産登録決定!

軍艦島をはじめとする23施設『明治日本の産業革命遺産』が世界遺産登録決定!

昨年に引き続き、今年も日本で世界遺産がまた一つ登録され、祝賀ムードに沸きました。今回登録されたのは、長崎県の軍艦島をはじめとする、明治日本産業革命を象徴する23施設。例えば、有名な福岡八幡製鉄所や三菱長崎造船所、その他九州5県、山口県、静岡県、岩手県にある歴史的価値の高い産業遺跡もまとめてリスト入りしました。
中でも“廃墟マニア”の間では随分前から人気の高かった長崎県の軍艦島は、当時の繁栄ぶりが時折フラッシュバックしてきそうなほど、今でも生活感がそのまま感じられる大変リアルなもの。海の上にポツリと浮かぶ小さな小さな島の上に、東京の人口密度の約9倍もの人がこの場所で日々の生活を営んでいたというから本当に驚きです。
石炭と鉄鋼により、猛烈な勢いで西洋文明が根付いていった明治時代。こんな狭い場所に、当時としては異例とも言える7階建ての高層マンションが建設され、他にも学校や病院、寺院に映画館までもが林立。小島ながらそこにはもう立派な都市として機能していたようです。現在“モノづくり日本”の礎を築いたこういった産業遺産は、今後も大切に保存しなければならないですね。 婚活パーティーの会話に、そしてアドベンチャーデートに、軍艦島ツアー、参加されてみてはいかがでしょうか?

スポーツニュース

なでしこジャパンW杯 宿敵アメリカに敗れ準優勝

なでしこジャパンW杯 宿敵アメリカに敗れ準優勝

4年前のワールドカップ決勝戦で戦った相手、アメリカと再びW杯決勝の舞台で顔を合わせたなでしこジャパン。前大会では東日本大震災直後の大勝利ということもあり、それまで全く注目されることも無かった女子サッカーの奇跡的なサクセスストーリーに、多くの日本国民が勇気と感動をもらうことが出来ました。
そして今回、前大会優勝国として挑むプレッシャーの中、しっかり一つ一つの試合を勝ち抜き、王者に相応しい場所に戻ってきたなでしこジャパンではありましたが、結果は5-2で惨敗。2大会連続優勝の夢は叶いませんでした。
とはいえ、やはりこの場所に戻れるだけの実力があるんだということはハッキリと証明され、今後の日本女子サッカーには否応なしにその期待が膨らみます。
ただ、今大会で6度目の出場となった澤選手が、今回でW杯引退と明言しており、少し寂しい思いが残ります。これからの若手にも期待していきましょう。

エンタメニュース

お笑い芸人 又吉直樹さん 芥川賞受賞の快挙!

お笑い芸人 又吉直樹さん 芥川賞受賞の快挙!

当コーナー6月号でも話題として取り上げたお笑い芸人ピースの又吉さんのデビュー小説『火花』がなんとなんと、あの日本が誇る新人作家の登竜門 芥川賞を見事受賞!
又吉さん自身、最も敬愛する太宰治ですらその受賞を逃したとされる大変権威ある文学賞ですから、この偉業がどれだけセンセーショナルなものだったかは、もう周知の通りでしょう。
読書好きの方、また今回のニュースを受けて興味を持たれた方、この「火花」、読まれましたか?
注目度が高い分、受賞に関してどうしても賛否両論は否めないようですが、それでもやっぱり明るく、夢のあるニュースですよね。
人はどこでどんな形で評価されるか分からないから面白い!今後も異色の芸人 又吉さんが、どんな活動をされるか目が離せません。

“中年の星”油井さんが宇宙へ!

“中年の星”油井さんが宇宙へ!

こちらも「夢」をその手でつかみ取った、異色経歴が話題の宇宙飛行士誕生のお話。
10人目の日本人宇宙飛行士としてその名を刻んだ油井亀美也さん。今、日本中で“中年の星”として、大変注目を集めています。
子どもの頃から宇宙飛行士になるのが夢だった油井さんは、ブレることなく、その夢に近づくためコツコツと出来るところから着実に積み上げてきた苦労人。例えば、防衛大学校へ入学し、航空自衛隊に入隊したり、テストパイロットとして空を駆け巡ったり。
大方の人は、夢を夢のままで終わらせてしまうものですが、油井さんは環境のせいにすること無く、その道を常に模索し続けました。
本格的に宇宙飛行士へチャレンジした時には既に39歳。そして、夢が現実になった時には45歳!遅咲きの宇宙飛行士は、確実に多くの人の心に何かを残し、信念を持ち続けることの大切や諦めない素晴らしさというものを改めて教えてくれました。

話題のニュース バックナンバーをご覧頂けます

ページトップ