株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 夏の旅行で恋愛体験談20~30代男性|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 夏の旅行で恋愛体験談20~30代男性|エクシオ
10月のカップル数
17,218
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
平日参加し放題パック ぽっちゃり女性限定編 男性公務員限定編 40・50歳代中心編 第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 専門職&安定収入男性限定編 大人婚活★男性semi EXECUTIVE編 50・60歳代中心編 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!
夏の旅行で恋愛体験談20~30代男性

夏の旅行で恋愛体験談

ハワイで宇宙を感じながら

販売業・29歳

ハワイで宇宙を感じながら

ハワイのマウナケアで天体観測ツアーが大人気と知り、友人とハワイ島に旅行しました。たまたま同じツアーに参加していた女子2人組みと途中から仲良くなり、ハワイで見る圧倒的スケールの星空を眺めながら、まるで修学旅行のような懐かしい雰囲気に包まれました。
「失恋なんてちっぽけに思えてきた!」
僕がいいなぁと思っていた女の子がそうつぶやきました。
どうやら今回のこの旅行、彼女の傷心旅行だったらしいのです。
Face Bookをやっているとのことでツアー終了後、友達リクエストして縁をつなぎ帰国。
1カ月後思い切って連絡してみました。
「ハワイお疲れ様です。今なら少しは気持ち落ち着いたかと思い連絡してみました。ご飯でも食べに行きませんか?」
あれから1年半。
今年夏、僕たちは入籍し、来年思い出の地、ハワイで結婚式をします。

婚活アドバイザーからひとこと

ハワイのマウナケア山は世界でも有数の天体観測所として大変有名な場所。地元では古くから聖地としてあがめられ、近年、婚活女性の間でもパワースポットとして注目を集められています。
旅先での出会いは"偶然"とか"運命"を感じる瞬間が多々あります。終わる恋と始まる恋。彼女はきっとそれを感じたに違いありません。
今回の成功Pointはズバリ、『帰国後の連絡』。
旅先ので開放感から、つい先へ先へと突き進みたくなるものですが、敢えて時間を置くことで、冷静に気持ちと向き合った過程を想像させ、女性にドラマを感じさせやすくなります。

シンガポールで心もスコール

販売業・32歳

シンガポール独り旅にて。
途中スコールに合い、近くのカフェで一休み。偶然隣に日本人らしき女性がいたので、「お一人ですか?」と声をかけてみました。
思った以上に会話が弾み、イケる!と思った僕は流れに任せ、この後の夕ご飯を誘ってみました。するとさっきまで笑顔だった彼女の顔が曇り、「そういうのちょっと苦手なので」と言って席を立たれました。

婚活アドバイザーからひとこと

独り旅同士、見知らぬ土地で意気投合。ちょっと期待しちゃいますよね。
しかし女性は常に男性に対して警戒心を持っており、短時間でデートに誘われたことに不快感を抱いた様子。
もう少長めにお話したり、会話の中で"共感"や"共通点"をもっと多く作ることで、状況は変わった可能性は十分にあります。
女性は夢と現実、両方バランス取れた相手を求めています。
婚活はまさにそのバランス調整。より魅力的に見せる為に参考にしてみて下さい。

マイルも貯まるぞ沖縄!

広告代理店・30歳

マイルも貯まるぞ沖縄!

僕の彼女は沖縄に住んでいます。
出会いは去年の沖縄出張。たまたま入った居酒屋の従業員でした。
水をこぼした事、釣銭切れで少し待たされたことなどのハプニングで仲良くなりました。将来的に僕の所に来たいと言ってくれていますが、今はお互い遠距離恋愛中。
3カ月に一回沖縄往復フライトのおかげで、マイルがどんどんたまっています。

婚活アドバイザーからひとこと

面白い事にハプニングは人と人を繋げてくれたりします。しかし同じハプニングでもこれをキッカケにオープンになる気持ちがなければ何も起こりません。
キカッケを掴んだら積極的にアプローチ!インターネット時代ですから遠距離恋愛もかつてほど苦ではありません。密かに婚活旅行と称し、旅に出る人もいるくらいです。
旅先では何が転がっているか分からないものですね。

野球vsサッカー

引越し業・23歳

友人の住む大阪へ行った時、知り合いの女の子を紹介されました。
長らく彼女がいなかった僕は、この出会いを何とか確実にモノにしたいと思うあまり、自分の好きなサッカーの話ばかりしてしまいました。
要するに沈黙が怖かったのです。
デート後、メールでこう言われてしまいました。「お会いしてる時には言えませんでしたが、私はサッカーが苦手です。代々阪神ファンですので。」
今考えると、阪神どころか野球の話は一回も出ませんでした。

婚活アドバイザーからひとこと

誰でも初デートで沈黙は怖いもの。気を使うあまり裏目に出てしまったパターンです。
ただ、気を使うことそのものはきっと伝わっています。相手の好きな世界に目を向ける努力一つで状況は全く違ったかもしれませんね。
次は少し落ち着いて、沈黙の時ほど相手の好きなものに触れてみると流れを変えることが出来ます。

ページトップ