株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 出版関連の職業【for WOMEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 出版関連の職業【for WOMEN】|エクシオ
11月のカップル数
17,512
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 男性公務員限定編 警察官・消防士・自衛隊・教師限定編 エクシオクリスマススペシャルパーティー2018 エクシオカウントダウンパーティー2018 エクシオお正月スペシャル個室パーティー2019 女性看護師・医療関係者・保育士限定編 年齢は気にしない~相性だけでカップリング編♪~ 20・30歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!
職業別 出版関連の職業【for WOMEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
出版関連の職業向けの婚活

出版関連の仕事をされている女性は、あらゆる分野に精通しているため、バランス感覚もよく、同時進行でいくつものことをこなすことが出来ます。そのため婚活も、婚活だけを目的にしたものだけでなく、異業種交流会やSNSなど、仕事を軸にした出会いから徐々に発展させていくことも得意です。

また、多くの男性と出会っていく中で、自分の好みがはっきりしています。そこであらゆる婚活方法を試して、最終的に自分に合った婚活方法でトライしていくという方が一般的です。

同業者との出会いもありますが、やはり外の世界と接する機会も多いので、同業者間で結婚まで発展するケースはそれほど多くありません。さらに出会いの幅を広げ、違う分野の方とお互いの価値を認め合って結ばれるというのが一番確実といえます。

また出版関連業界の女性は、業種や年齢を問わずいろいろな方とコミュニケーションをとっていく能力が高いので、それを生かしつつ様々な異性の方との出会いの幅を広げていくことがお勧めです。違ったタイプの方との出会いを重ねていく中で、自分の好みのタイプをはっきり意識していくことが出来るようになります。

【POINT1】出版関連の職業向けの婚活方法

身近にも比較的出会いはありますが、また取材や営業などで他の業界の方と接する機会も多いので、自然と気持ちは外に向けられていくでしょう。忙しく、婚活の時間も限られるので、異業種交流会やSNSなど、短い時間でお互いを知ることが出来る方法がお勧めです。また休日がしっかりとれる方であれば、お見合いバスツアーやクルージングパーティーなど、ゆったり時間を取って話を深められる方法も良いでしょう。

また婚活パーティーも、直前まで予約をすることが出来るため、残業などの時間が読めない方にお勧めです。当日の気分や疲れ具合などを考慮しつつ予定を組んでいくと、婚活を効率よく進めることが出来ます。

出版関連の職業に就いている女性は、合コンやパーティーなどの機会も多く、すでに慣れていることと思います。単なる会話には飽きてしまった…という方は、料理婚活やボウリング婚活など、体験型のイベントに参加すると新たな発見があります。非日常的な体験に参加することは男性の他の面を見ることにもつながり、意識的ではなく感覚的に恋におちる感覚を取り戻す効果も得られます。

<婚活パーティー>

出版関連の仕事をしている女性は、短い時間でPRをまとめることが出来るので、婚活パーティーはとてもお勧めです。婚活パーティーでは、自分をPRするだけでなく、優れた質問力でお相手の中身を引き出していく能力も必要とされます。その点でも出版関連業界の女性はとても優れているので、短い時間で実りある出会いが得られます。

また、婚活パーティーは必ずしも一度限りというものではなく、カップルになったとしても参加することが出来ます。カップルになったら、まずはそこから友達としての関係が始まります。お互いに時間を合わせ、ゆっくり関係を深めていくもよし、同時に他の婚活パーティーに参加して、また相性がいい人を探すのもよし、十分に比較検討して一番良い人を見つけましょう。

<異業種交流会>

異業種交流会では、合コンなどより人数が多めのため、他の女性の中で印象が薄れてしまうということがあります。これを防ぐため、名刺などにも一工夫するのも良いでしょう。完全にビジネスだけの異業種交流会というのでなければ、自作の名刺を用意したり、女性らしい型抜きなどを使ってワンポイントを付けるのも効果的です。
ほとんどの男性は、話の糸口を見つけるのがあまり得意ではありませんので、女性の方からきっかけを作ってあげるのも良いでしょう。

<クルージングパーティー>

近年では男性の方が恋愛に夢やロマンチックさを求める傾向があります。女性は反対に年齢を重ねるごとに恋愛に現実を投影することが多いので、効率よくスペックの良い男性を探すことに夢中になるあまり、男性の夢の部分を軽視してしまう傾向があります。

一方クルージングパーティーに参加する男性は、とくにロマンチックさを求める気持ちが強い方が多いので、雰囲気を大事にすることに心を砕くと良い結果につながります。服装はもちろん、言葉づかい、声の質や調子なども、第一印象を決める大事な要素です。

婚活ではプロフィールを開示しあうので、どうしてもお互いの条件重視になる傾向がありますが、恋愛の基本は惹かれあう気持ちです。逆にいえば恋愛でお相手の心をつかめば、条件などは二の次になるともいえます。クルージングパーティーでは、初対面の時からドラマチックな演出が可能なので大いに利用して良い出会いを見つけましょう。

<SNS>

FacebookなどのSNSにも、最近では出会いのアプリがいくつかあります。実名制で他の友達なども表示されているfacebookは、信頼性も高く、ビジネスで使用されていることもあり、普段はなかなか出会えないようなハイレベルな出会いが期待出来ます。
ただし、そこで必要とされるのは、やはり他の出会いと同様にお相手の方を見抜く力です。プロフィールの誇張などは、実際のやり取りである程度見抜くことが出来ます。お相手の方の気分を害することなく、上手な質問で信頼出来る人を探していくようにしさえすれば、なかなか出会うことの出来ないような男性とも出会いのチャンスが生まれます。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

出版関連業界の女性は、男性並みやそれ以上に仕事をこなしている方も多いので、アピール力も強く自信に満ちています。アピールする力が強ければそれだけ人を惹きつけることにもなります。ただしあまり男性並みに仕事が出来ることが強調されすぎると逆効果です。
成功の鍵はいかに女性らしさをプラス出来るかどうかにかかってきます。センスの良いファストブランドを上手に組み合わせるなどして、親しみやすく女性らしい雰囲気を演出していくと好印象です。

また、男性のプライドを適度に満足させていくといった高度なテクニックも、出版関連業界でバランスを兼ね備えた女性には可能です。お相手の方の自慢したいポイントを上手に探り当て、会話を引き出していくと良いでしょう。

<成功体験談>

年齢はそれなりにいっているものの、私にとって、それは初めての婚活パーティーだったので、その日は最初から緊張気味でした。普段から若く見られるものの、年齢を正直に書いてもいいものかどうか迷いましたし、どんな格好をしていけばいいのか、どんな会話をしていけばいいのかも、さっぱりわかりませんでした。

それまで恋愛経験も人並みにはありましたから、男性に対して恐怖までは感じなかったのですが、それでも初対面の方との会話が立て続けに続くのは緊張しますね。しかも中間インプレッションカードや、最終投票カードで、まるで女としての勝ち負けが決まってしまうような気分になっていたので、これまでなかなか足が向かなかったんです。

実際の婚活パーティーの時間は、嵐のように過ぎ去ってしまいました。誰とどんな会話をしたのかさえ、メモを見ないと思い出せなくなっていたほどです。
それでもカードを待つ間は、不思議な達成感と充実感を味わっていました。かりにカップルになれなくても、楽しい時間を過ごせたのだからいいかな、と思いながらその時を待ちました。

その結果、表では、見事3歳年下の男性とカップルになることが出来ました。初めての婚活パーティーで、自分のまさにタイプの男性とカップルになることが出来たなんて、ビギナーズラックとしか言いようがないのですが、彼の方も初めてだったそうなので、これも運命かな?思っています。
何度かデートも重ね、これから旅行の計画なども立てていくつもりなのですが、本当にいい人と巡り合えてよかったなー、と思っています。これが結婚まで続く縁になることを祈っています。
(編集 38歳女性)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

出版関連業界で仕事をする女性は、仕事もでき、責任も重いことが多いので、その分プライドも高くなりがちです。プライドを保つこと自体は悪いことではないのですが、それが男性の許容範囲を超えてしまうとマイナスになります。「能ある鷹は爪を隠す」のことわざ通り、しかるべき時には男性を立て、さりげなくサポートに回るほうが良いでしょう。

自己主張がはっきりしている方も注意が必要です。仕事の場面では必要とされる自己主張も、行き過ぎれば男性にとって面倒な女性となってしまいます。とくに年齢を重ねるほど筋の通らない我儘や自己主張は通らなくなってくる傾向にあるので注意が必要です。とくに若い頃男性からもてはやされた経験のある方ほど、歳を重ねてからどのような態度を取っていいのかわからなくなってしまうことが多いので、ナチュラルで気遣いのある態度を心がけるようにしましょう。

また恋愛で我慢しすぎるという方も要注意です。我慢を重ねていると、ふとした瞬間に爆発してしまい、一気に修復不可能な事態に陥ってしまいます。自分が我慢していると気づいたら、機会をみて上手に打ち明けるようにしましょう。あるいは自分にとって最も自然体でいられるようなお相手を探すのも良いでしょう。

<失敗体験談>

もう一年前のことになるのですが、いまだに忘れられないほど痛い失恋をしてしまいました。

それは私にとって、初めての年下の彼でした。ほぼ6歳も年下ということもあり、食事に行っても遊びに行っても、ほとんど私がお財布を出し、たまに気が付いたように彼のほうが奢ってくれるという感じでした。
それでも若い彼は私にとって本当に自慢で、どんなに我儘な態度をされようと、全く苦にならなかったんです。

彼に他の女性の影が見え始めたのは付き合って半年ほどした頃でした。私の仕事が忙しかったこともあり、なかなか会う機会も取れずにいたのですが、ちょっとしたことでヤキモチをやくと彼の気持ちが離れて行ってしまいそうで、何も言えませんでした。

ある日私以外の女性との旅行の写真が机の上に置かれっぱなしになっていて、浮気の証拠が決定的になったのですが、それでも私は彼に強く言うことが出来ませんでした。彼を失うのが本当に怖かったんです。
それで彼は調子に乗ったようでした。2人で一緒にいるときに電話がかかってきて、そのまま電話で旅行の相談を始めたんです。この時ばかりは私も彼を責め、別れを口に出しました。 すると彼はあっさりと別れにOKしてしまったのです。

あの時どう対処すれば良かったのか、いまだに分かりません。いろいろとシュミレーションをしてみるのですが、今となってみれば、私が我慢しすぎていたのが最初から良くなかったような気もします。
二人で過ごした日々はとても楽しかったのですが、そろそろ新しい出会いをみつけて、前に進まなければいけない時期だと思います。出来れば今度は対等な関係でいられる同年代を探したいです。
(営業 36歳女性)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

出版関連の職業に就いている女性は、知的でセンスもよく、人間関係もそつなくこなす方が多いのですが、恋愛となると素直になれないという女性が多いようです。よりハイレベルな男性を探したい気持ちはよく分かりますが、自分が一番心地よく自然体でいられるようなお相手を見つけることが、幸せへの近道でもあります。そのためにも、どんな人と一緒にいると楽しく過ごせるのか、自分の気持ちに敏感になる必要があります。

両親や友人を含め、周囲の価値観に惑わされすぎると、本当に自分が求めている男性像が見えなくなってしまうことがあります。いい出会いがあっても、しばらくは静かに2人だけの時間を過ごし、自分の気持ちを素直に振り返るようにしましょう。

また取材や営業など仕事の過程で、恋愛においてもさまざまなケースを見てきているため、成功の陰にあるマイナスの部分まで先にイメージしてしまい、前に進めなくなってしまうこともあります。時代によって世間一般の傾向はあっても、結局は個人の選択次第です。どの道を行くにしても結果は自分次第だということを念頭に置いて、あまり他人のケースに惑わされないようにしましょう。

男性と仕事をする機会も多いので、男性を恋愛の対象として見づらくなっているという方は、婚活イベントに参加するなどして、一度仕事を離れて男性とお付き合いしてみるのも良いでしょう。アウトドアなど仕事とは正反対の非日常的な体験の中で、男性の違った面を実感することもお勧めです。お相手の良い面に目を向けるようにしながら、出来るだけ多角的にお相手探しをしていくと良いでしょう。

ページトップ