株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 サービス関連の職業【for WOMEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 サービス関連の職業【for WOMEN】|エクシオ

3月のカップル数
16,576
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 サービス関連の職業【for WOMEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
サービス関連の職業向けの婚活

接客・販売などのサービス業は、大変神経を使うお仕事でもあります。お客様や取引先のニーズにお応えする行動力の持ち主や、機転が効く人柄、どんな方にも明るく人付き合いが出来る性格の方が多く、常に自分よりお相手への奉仕を考え、お相手が心地良く快適に過ごして貰うことを望んでいます。また、自分の接客態度や対応が、勤めている企業やお店の評価に直結しているので、身だしなみへの配慮や言葉使い、明るい表情などを日頃から心掛ける必要があります。

営業や販売のお仕事をされている方は、人と関わる事が好きで、誰かの為に…という世話好きな一面を持っていることや、どのような方にも対応出来る順応性やお相手の要望を受け入れる素直な性格の方が多い傾向にあります。ですから、人の喜びを自分の喜びに置き換えることが出来ますし、感謝や思いやりの気持ちを持つことが出来る性格の方が向いているのです。
普段、お仕事で人と関わる機会が多く、それに比例して、出会いや交友関係も広く持っているイメージが強い職業ではありますが、あくまでもサービスする側とされる側の立場ですので、お客様や取引先との恋愛発展は難しいです。また、コスメやジュエリー販売など職種によっては、同性のお客様をお相手している場合もありますので、出会いがないという方も多くいらっしゃいます。

土日・祝日など一般企業がお休みの時に、販売や接客業は出勤日であることや、勤務時間も事務職などに比べると長いので、婚活する時間が作りにくいという方もいらっしゃいます。恋愛は出会ってから、2人で時間を共有することで、恋愛感情が深まっていくものですから、同じタイミングで休日を過ごせる方や勤務時間が似ている異性との出会いが、結婚へ一歩近づく鍵となります。
では、どのような婚活方法がサービス関連の職業の方に向いているかご紹介します。

【POINT1】サービス関連の職業向けの婚活方法

サービス関連のお仕事の方は、土日や祝日は仕事という方も多く、職場には出会いが少ないという方も多いでしょう。ですが、お仕事で培われたコミュニケーション力や会話術は、婚活の場面にも欠かせないものです。
思いやりのある気遣いや、自分から進んで挨拶をするなど、日頃の接客態度を、婚活にも活かす事と良いでしょう。サービスのお仕事は、第一印象の良さや、清潔感のある身だしなみが求められます。
どのような婚活方法に挑戦するとしても、一期一会の心で、1つ1つの出会いに感謝の気持ちを持って臨みましょう。

<合コン・異業種交流会>

サービス・接客業というのは、飲食・衣服・雑貨など幅広く、販売・提供している物は、ジャンルも系統も様々です。美容業界や不動産業も、平日がお休みの職業ですが、全く違う分野ですので、関わる機会が少ないです。
そこで合コンなどの飲み会企画や、異業種交流会に参加することで、同じ販売というカテゴリーで繋がることが出来ます。
出会い方が自然ですし、人に尽くす仕事という点が共通しているので、性格の一致や好きな物に対する情熱に共感することから、恋愛に発展するチャンスも増えます。

<SNS・コミュニティ>

最近は、企業でブログを書くことや、SNSのページに情報をアップしているショップが多く見られます。店舗で接客していると、お客様が来店されている時間だけのお付き合いになりますが、SNSやコミュニティでは24時間いつでも交流することが可能になります。
普段の接客だけでは、恋愛に発展出来なかったお相手とも親しくなることが出来ます。
また、自分が勤めているショップ以外のジャンルの方とも、交流を持つことが出来るので、仕事とプライベートをしっかり分けたい方は、自分の個性を発揮出来る新たな分野で、知り合いを増やすことが可能です。

<婚活パーティー>

婚活パーティーは、平日の夜にも開催されていることや、世代やジャンル分けされて、種類が豊富ですので、自分が理想とする条件を踏まえた婚活パーティーを選択することが可能です。
普段の生活では出会いにくい職種の方と交流が持てますし、結婚に対して前向きに考えている方が多いので、交際から結婚への流れもスムーズです。個室を利用したプライバシー重視のお見合いパーティーや、スポーツや観光を用いたイベントパーティーまで企画が様々ですので、積極的に楽しめそうな婚活パーティーを選択しましょう。
男性はスーツ、女性は、少しお洒落をした服装がオススメです。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

男性が、結婚相手の女性に求めるものの、No.1は何だと思いますか?
美味しい料理を作ってくれることでしょうか。それとも、家計を支えてくれる収入でしょうか。答えは、『笑顔』つまり、癒しや安らぎです。

男性は、女性ほど、結婚願望が強くありません。
「いい年齢なのに独り身だから…」「そろそろ落ち着かなくては…」という思いで婚活パーティーを始める方も多いですし、経済力のプレッシャーや時間の自由が利かなくなることを理由に、結婚に踏み出せなくなっている方もいます。
そのような男性も、仕事で疲れて帰宅した時や、体調を崩した時に、『誰かに支えてもらえたら…』と、結婚願望を強くする瞬間があるのです。性格の一致や金銭感覚が同じという条件も、結婚には大事なことですが、気持ちの持ち方によっては、お相手に合わせることも出来ますし、徐々に変えていくことも可能です。 ですが、人柄を表す表情というのは、持って生まれた個性なので、誰にも真似出来ない魅力です。

一緒にいるだけで、気持ちが明るくなるような「笑顔」というのは、たとえ結婚生活で苦しい場面が訪れても、乗り越える糧になるのではないでしょうか。成功体験談では、笑顔を心掛けた女性の体験談をご紹介します。

<成功体験談>

先週、彼にプロポーズされ結婚する運びとなりました。
よく友人達から、「何がきっかけ?」「何が決め手?」と質問をされるのですが、なんだか私にとって彼は、最初から家族のような感覚だったので自然に彼の人柄を信用出来たんだと思います。
彼がプロポーズの時、話してくれたことを思い起こすと、これが、彼にとっての決め手だったのかな?と思う場面があったので、皆さんにお話したいと思います。

彼との出会いは、知人の紹介でした。当時の彼は夢を追うフリーターで、正直一緒にいて楽しい人でしたが、結婚まで考えられる相手ではありませんでした。ですが、自分の考えをしっかり持っていてそれに向かう行動力には尊敬していました。交際を始めてからというもの、彼は私との時間を優先するあまり、バイトもおろそかになっていました。
そんな時、彼のために何をしてあげられるかと考えた末、「就職が決まるまで会わない」と彼を突き放しました。すると、真剣に就活を始めるようになり、ある会社に就職することが出来ました。

ところが、働き始めて1年が経った頃、仕事がないからと会社から長期の休暇を出され、彼は転職を余儀なくされました。
彼から「転職するから」と聞かされた時は、またか・・・という気持ちもあったのですが、心を入れ替えた時の彼を信じようと決め、面接や試験に落ちても、いつも笑顔で励ましていました。その時、彼は私の笑顔を見る度に、頑張らなくては!という気持ちになれたんだそうです。

今は仕事も安定し、2人の将来をしっかり考えることが出来ています。辛い時でも、お互いを思いやる気持ちを忘れず、笑いのある家庭を築いていきたいです。 (28歳・アパレル店員)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

仕事にプライドを持っていること、やりがいや目標を持って業務に取り組んでいることは大変良いことです。ですが、いくらその道のプロであっても、自分の考えを押し付けることやそうするようにプレッシャーをかけることは、間違っています。
仕事としてやっているからこそ、知識も豊富で、こだわりが強くなってしまいますが、お相手の意見を受け入れることや、頭からダメだと決め付けずに、聞き入れる姿勢でいることが大切です。

特に、結婚式の準備では、各家庭で考え方も違いますし、地域の風習など2人が一緒になるためには、様々なことを考慮しなくてはなりません。
結婚は、本人同士だけの問題ではなく、家と家との結びつきなので、自分の意見を押し通すという姿勢では、なんて傲慢な人なんだ!と、あなたの価値を下げてしまいかねないのです。女性は嫁ぐのですから、お相手の意見に添って、謙虚な態度でいることも必要です。
婚活の段階での失敗は、何がいけなかったのか?どうして失敗したのか?早めに原因を知ることが、次の失敗の回避へ繋がります。

<失敗体験談>

私は、結婚式を控えたカップルのご相談に乗って、式場検索やお下見の手伝いをする仕事をしています。出会うお客様は、お相手が決まった方ばかり。 会社は、社長も社員も女性ばかりという中で、まったく出会いが見つけられず、自分の幸せが遠退いていました。そんなある日、職場の同僚が婚活パーティーで彼氏を作ったという話を聞き、時間を見つけて婚活パーティーに参加するようになりました。

ある婚活イベントで同じ球団ファンの男性と知り合うことが出来、順調に交際がスタートしました。一緒に野球観戦をしたり、旅行へ出かけたりと楽しくお付き合いしていたのですが、仕事柄、ウエディングに対しての思いは人一倍強く、こだわりがあり、仕事の話になると知らず知らずのうちに「私の結婚式は絶対ここで挙げたい!」「衣裳はこのブランドが着たいの!」「仕事は結婚後も出来る限り続けたい!」などと語ることが多くなりました。
私は彼氏が出来て舞い上がっていたのかもしれませんね・・・。
彼にはまるで『そうして欲しい!』『夢を叶えて欲しい!』と言っているように聞こえていたんでしょう。「君は、僕とではなくて、早く結婚がしたいだけなんじゃないの?」と言われてしまいました。
私のこだわりが、彼の気持ちを冷めさせてしまったんだと思います。次にお付き合いする方とは、もっと慎重に、時期を見て自分の気持ちを上手に伝えていきたいと思っています。
(32歳・ブライダルコンシェルジュ)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

接客業や販売業では、まずお客様のために・・・と最良の方法を考え行動することが、お互いの満足へ繋がります。
婚活も同じで、自分が幸せになるために何が必要なのか、目の前のお相手にどう接するべきなのかを考えることが重要です。今、結婚したいのに何も行動していない方がいれば、自分の行動範囲を見直してみましょう。

成功体験談のように、結婚したいお相手が目の前にいるのに、結婚が実現する環境が整っていないのなら、結婚出来る環境に少しでも前進するように、時にはお相手を叱ることや、厳しい態度で接することも1つの方法です。お相手に合わせてばかりでは、欲しい幸せは手に入りません。
お客様の要望に添った物を提供するだけではなく、自分から新しい物を提案することも、より良い満足に繋がるのです。

一方で、失敗体験談のように、まだ付き合いが浅く、信頼関係が充分に築けていない状態で、自分の意見や理想を伝えても、引いてしまうことや裏目に出てしまう場合があります。理想の条件というのは、ある程度の基準であって、絶対条件にしないことが、成功へのポイントです。

お見合いなどで、一度お会いしたお相手とは、必ずYES・NOの決断を下す時が来ます。
一度、NOとお返事したお相手とは、そう簡単にまたお会いすることは出来ないので、一瞬の判断や気持ちの切り替えが、一気に成功に転じる場合があります。例えば、条件の1つに長身の方を希望していたとします。
ですがお相手は、身長以外の条件を全てクリアした方で、人柄も良く気が合う方だったとしたら、どうでしょう?
身長の条件にこだわって、せっかくの出会いを逃すのか、お相手の全てを受け入れて交際に繋げるかは、あなた次第です。上辺だけではない、人柄や優しさに触れることで、こだわっていた条件が覆る場合もあります。
お見合い以外の出会いにも、一目惚れなどで、お相手が何歳でどんな仕事であっても、受け入れたいという気持ちになる瞬間があると思います。
恋愛は、お相手を好きだという気持ちがなくては成立しません。気持ちがあれば、いかなる困難も受け入れたいという思いに変わるものです。
婚活を行っていく上で、自分が本当に好きだと思える方と出会えるご縁は、そう多くないので、最初から選択肢を狭めてしまわないよう注意しましょう。

ページトップ