株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 健康・福祉関連の職業【for WOMEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 健康・福祉関連の職業【for WOMEN】|エクシオ

3月のカップル数
16,576
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 健康・福祉関連の職業【for WOMEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
健康・福祉関連の職業向けの婚活

この職業は不特定多数の方との関わりが多くありますが、仕事で出会う方は高齢者である場合や自分が指導をする立場であったりすることや、職業によっては深夜までお仕事をされているケースもあり、お相手の悩みに対してアドバイスを与えるような仕事であるために、恋愛や結婚がおろそかになる場合が多く見受けられます。

介護の仕事をされている女性の場合、シフト制である事も多く休みや生活が不規則になりがちです。スポーツ関係で働かれている方の中には職場でも出会いが多いことでも有名ですが、職場に結婚していない男性がいないとなれば、他の場所で出会いを見つけることが出会いへのきっかけとなります。スポーツジムのインストラクターや、リハビリのトレーナーなど健康に関する仕事の場合は、独身男性と出会うことがあってもあくまで仕事上でプロ意識を持って業務を行っていることが多いため、気になる男性がいても営業目的だと思われてしまい、告白してもうまくいかないケースがあります。

また、お付き合いに発展したとしてもお相手の方と別れてしまった際に仕事がやりにくい状況へと発展してしまうことから、個人的なお付き合いに積極的になれない方が多くいらっしゃいます。精神や福祉に関する仕事の女性をピックアップしてみますと、お客様が精神面で弱っていたりすることや何らかの事情をかかえていることがあります。障害のある方とお付き合いをする場合も多く、お相手をサポートし、心身ともに支えることが必要となってきます。

他の職業と比較してこの職業は、お相手の事を第一に考えるために、精神的にも負担が大きくストレスがたまりがち。心身共に疲れた女性を癒してくれるような、そんな男性との出会いを求めてしまう傾向が比較的多いです。さて、そんな職業の女性がどのように様々な婚活パーティーに参加されているのか一緒に確認してみましょう!

【POINT1】健康・福祉関連の職業向けの婚活方法

この業界は最近の高齢化にともなって、介護が必要な方も増加していることから介護を職業として選択する女性が増えました。介護の仕事は結婚してからも出来る事や、自分の身近な両親・親戚・友人などに介護が必要になった時にも役に立つ職業ですので、将来身内になにかあった際にすぐに対応出来るよう選ばれる人気の職業になっています。
仕事ばかりの毎日で気分転換のため、又健康を維持するためにジムに通う男性も多く、ジムでのインストラクターを目指す女性も増えています。ストレス社会のために精神的に不調になってしまう方のためには、各種のカウンセラーや相談員の女性もこの分野で大いに活躍されています。そんな人気の高い職業で働く女性が訪れる人気の高い婚活方法をチョイスしましたのでご参考下さい。

<婚活パーティーやイベントに参加する婚活>

婚活パーティーにはお見合いパーティーやカップリングパーティーなどと呼び名がありますが、ほとんどは週末や仕事の後に参加出来るような時間帯を中心に日常的に開催されています。参加条件も年齢だけが決まっているものや指定された職業の男性だけが参加出来る婚活パーティーがありますが基本的には非会員制となっているため、どなたでも参加出来ます。

婚活パーティーの特徴は決められた時間内に、参加している男性全員とお話が出来る事です。短い時間ではありますが、一対一でお話が出来ることで第一印象の際に気になった男性や、お話をしてみて想像以上に自分と共通の会話があって「楽しかった」など具体的にお相手に対しての印象が決まります。

また、当日にも簡単に参加することができ、様々な方と短時間で出会えることが最大のポイントです。婚活パーティーに参加することで、今まで男性に求めるものが自分の中でハッキリとわからなかった方は、様々な職業の男性と接することで自分がどんな男性とお付き合いをしたいのか、結婚したいのかということが具体的にわかってきます。

<合コンでの婚活>

手軽に行うことが出来る合コン。若い学生から大人まで楽しめる合コンですが、ストレスを抱えてしまいがちな職場にもっとも人気があります。複数の方との会話は気分転換にもなりますし、もちろん恋愛にも発展することが多いです。

学生時代には友達つながりでサークルや他の学校の方と合コンをする事はあっても社会人になってからは、職場や友達に会うばかりになってしまい、合コンをしたくてもお相手がいないという現実。合コンのセッティングサービスを活用することで、気になるお相手との合コンが可能です。友達が合コンをセッティングしてくれていても、不規則な仕事や急な残業でキャンセルをしないといけなくなると、お互い残念な気持ちになります。その点、合コンのセッティングサービスを活用すれば自分が必ず参加出来る日の合コンを選べます。

合コンのセッティングを行っているステラというサイトでは、お相手の職業もわかるので同じ職業で働く男性と知り合いたいと思えば、それも可能です。飲食をしながら会話をするという事で、最初は緊張していてもすぐに和やかな雰囲気になり、ジョークも交えながら自分の趣味や好きなもののお話で盛り上がる事が出来ます。

<結婚相談所での婚活>

結婚相談所は他の婚活に比べて費用がかかりますが、その分「真剣に結婚がしたい」と思っている方が多いため、最近では登録される方も多くいらっしゃいます。
自身によりプロフィールを作成するため、自分がどのような男性を希望しているかを改めて考えるきっかけとなり、その条件に合う男性をアドバイザーにより紹介してもらうことが可能です。不規則な仕事やシフトで勤務をされている方でも、自分のお休みの日にセッティングをしてもらえるので安心です。
自分の仕事を結婚後も続けたいなど、自分の持つ理想のお相手像を伝えることで実際に自分がどのような方と出会いたかったのか再度確認も出来ます。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

定時で帰ることの出来る仕事とは違い、急に仕事が入ったり想像以上に長引いたりして、仕事が終わる時間がその日によって違うのもこの職業の特徴です。男性との約束がキャンセルとなってしまうことや、お休みの日が合わずすれ違いに発展することもあります。婚活パーティーを成功させるためには、婚活してすぐに恋愛へと発展するようなお相手を探すことは可能ですが、無理に焦りすぎないことが大切です。
参加した婚活パーティーでいまいちピンと来る方がいなくても、次に参加する婚活パーティーでは異なる場合もよく見られます。気になる男性に婚活パーティーで出会ったら、お相手と積極的に連絡をとってみることがうまくいく秘訣です。

<成功体験談>

29歳で介護の仕事をしています。親から結婚の事を言われるようになり、それに加えて学生時代の友達も結婚する人が増えてきて、真剣に結婚を考えるようになりました。
職場は女性がほとんどで、数人いる男性は既婚者ばかりです。仕事で接する人はお年寄りばかりだし、思い切って婚活を始めてみました。自分が参加出来る婚活パーティーを見つけて参加していたんですが、なかなかコツを掴むことが出来ず、カップルになれず途方に暮れていました。

職場の子供や友人の結婚話でさらに焦りがピークに達し、「自分には魅力がないのでは・・・」とネガティブに思うようになっていた頃、素敵な出会いがありました。もし可能なら、同じ苦しみを知っている同業者の男性か医療業界の男性と出会いたいと思っていたのですが、その婚活パーティーにはリハビリの仕事をしている作業療法士の男性が参加していました。職場にも同じ仕事の男性がいるので、仕事の内容は知っていました。初対面とは思えないぐらい人柄もよく、最初からお話がはずみました。なかなか会える時がないのでもうだめかもと思った事もありましたが、仕事の合い間にこまめに毎日メールを続けました。その後、お互いの休みを合わせるようになり、二人で食事やドライブに行くようになりました。今度、彼のご両親に挨拶に行く予定です。彼からは「いつも辛いときに支えてくれたのがきっかけで、あなたと結婚したいと思えた」と言われました。

もしも、あの時、婚活パーティーに行くことをやめていたら彼との出会いや結婚はなかったのだと思うと、諦めずに行動してよかったな、と今でも思っています。
(29歳 介護福祉士)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

婚活パーティーに参加していても、うまく会話が出来ずに消極的になっていることでお付き合いへと進展しない方もいます。俗にいう婚活に失敗するタイプです。この場合、いくつかの原因が見受けられます。

婚活パーティーや異業種交流会などのたくさんの方が一度に集まるイベントに参加はしていても、隅の方でじっとして会話をしない方や、「タイプの異性が会場にいないから」という理由で途中からテンションを下げて婚活をあきらめてしまう女性です。

それ以外の失敗例としては、会場で様々な男性からアプローチはされても、「もっといい人がいるはず」と思ってしまい、なかなか一人に決められないタイプ。条件として最初から玉の輿結婚やセレブ婚を目指す女性もいますが、理想を高く絞ってしまうことで一つ些細なデメリットを見つけた際に迷ってしまうようです。

<失敗体験談>

スポーツ好きが高じて現在、仕事として会員制スポーツクラブでインストラクターをしています。好きなことが仕事なので、毎日がとっても充実してお客様とも楽しく過ごさせてもらってます。私が勤めているスポーツクラブの会費が高い事もあり、会員になる方はセレブな方、エグゼクティブと言われる職業で働いている方の多くが入会しています。そんな男性といつも接しているうちに経済力のある男性とお付き合いしたいなーと思うようになりました。

そこで雑誌に掲載されてた婚活を始めたのがきっかけ。エグゼクティブな男性がいる婚活パーティーに参加するのですが、なかなか自分の理想なタイプの人とは出会えません。「なんでだろう?」と考えた時に、自分がいつも仕事場で接する男性会員と比較している事に気がついたのです。会員の男性は年齢も高い方が多く、既婚の男性が多いので落ち着きや包容力が感じられるのですが、婚活パーティーで出会う男性はどうしても未熟に見えてしまうのです。何かの雑誌で最近みかけましたが、男性は結婚してから家庭を持つことで、落ち着きや包容力が出てくるそうです。独身男性に最初から大きな条件を求めすぎていたことで、「もし自分が同じように見られてたら嫌だな」と思うようになりました。

自分が思われて嫌な事や困る事を考えた時に、自分が大きな理想に縛られていたのだと気付き、考えを改めるきっかけになりました。経済力のある方とお付き合いをしたくて始めた婚活でしたが、改めて自分を見直すことが出来たことに感謝しています。
(32歳 会員制インストラクター)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

年齢、性別を問わず様々な方と接することがある職業の一つ。接客業ということもあり、会話に自信のある方が多いことでも知られていますが婚活でお相手を見つけるのであれば、ある程度の積極性が必要です。職業柄、愛嬌のいい人懐っこい方が多いのでスムーズに婚活を進めることが可能だと思いますが、どのような方とも均等にお話を進めていくことで気遣いを心掛けながら行いましょう。そして、この職業で働く方の中には、介護士、社会福祉士、スポーツ系のインストラクターな様々な方がおり、それぞれに勤務形態や仕事内容は異なりますが、時間帯によっては長時間連絡がとれないこともあり、好意がある男性にお返事が遅れることもあります。その場合は、メールの連絡先を交換した際に、一言このような理由で連絡が遅れるという旨をきちんとお伝えしておくことで後々のトラブルに発展することを防ぐことが出来ます。

健康や福祉に関する仕事の女性の場合、シフト制や不規則な仕事ゆえにコンスタントに婚活パーティーに参加することは難しいですが、一度参加して気になるお相手と出会えた場合、まずはお互いのことを存分に知ることから始めましょう。最初からお相手に対して多くを期待しないことが成功に繋がる大事なポイントです。同じ分野の同業者との会話を楽しむことも人脈を広げるチャンスにもなり、別の職業の方とお話を楽しむことで自分の考えとは全く別な視点から物事を考えるきっかけにもなります。お相手の方に失礼にならない程度に自分らしく、気取らない心で婚活に挑んでみて下さいね。

ページトップ