株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 オフィスワーク関連の職業【for MEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 オフィスワーク関連の職業【for MEN】|エクシオ

12月のカップル数
18,272
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 オフィスワーク関連の職業【for MEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
オフィスワーク向けの婚活

かつては「高身長・高学歴・高収入」の「三高」と呼ばれる男性が女性から圧倒的な人気がありました。男性もそんな女性からモテようと躍起になっていたのがバブルの時代です。

バブルが崩壊してしまってからは先が見えない不況の今、婚活ブーム以降「三平(平均的な年収・平凡な外見・平穏な性格)」という新しい男性像が女性に求められています。安定を求める現実的な女性にとって、堅実な会社員は現在では一番人気と言える職業かもしれません。

とはいっても女性の言う「平均」とは案外ハードルが高いもの。男性の思う「平均・平凡」とは少しずれている場合もあります。また、平凡を望むと言っても条件がいいに越したことはない、というのが女性の本音。結婚相手を探す際には決して受け身にならず、積極的に行動するように心がけたいものです。

【POINT1】オフィスワーク向けの婚活方法

今では一口に「婚活」といっても様々な方法があり、自分に合った婚活方法を選ぶことが幸せな結婚への近道といえます。昔ながらのお見合いを選べば自分の結婚条件に合う人を効率よく探せますし、ここ数年で人気の婚活パーティーを利用すれば会話を通じてフィーリングが合う人を見つけることが出来ます。オフィスワーカーとして毎日同じ社内で働く男性にとってまずは外に出て出会いを見つけることが重要。自分の売りはプロフィールなのかトーク力なのか、それを見極めて婚活方法を選ぶのもいいでしょう。

<結婚相談所、お見合い>

知人や上司などに女性を紹介してもらうお見合いや、プロのカウンセラーからアドバイスをもらいながら相手を紹介してもらう結婚相談所は、普段社外での出会いがなかなかないオフィスワークの男性にぴったりです。

お見合いの特長として、前もってお互いの詳しいプロフィールを把握することが出来る点が挙げられます。年齢や職業はもちろん、家族構成や結婚条件といった細かい点もデータとして知ることが出来ます。この際に気をつけたいのは、自分のプロフィールを作成するときになるべく多くの情報を盛り込むということです。
男性の職業で一番多い「会社員」というのはその文字だけを見ても自分がどういう人なのかが相手に伝わりにくく、あまり印象的とは言えないためです。趣味や休日の過ごし方、それにプロフィール写真を充実させて自分らしさをアピールすることが重要です。

<婚活パーティー>

気軽に参加出来る婚活として数年前から人気の婚活パーティー。婚活ブームの影響で参加人数が急増しました。

その敷居の低さから様々な職業の男女が参加しており、普段出会えないような相手との出会いが期待出来ます。一回参加するごとに費用が発生するため、自分の経済状況に合わせて参加出来るのも魅力のひとつです。内容にもよりますが婚活パーティーでは男女それぞれ15名ほどずつ参加する場合が多く、オフィスワークの男性にとって一度にそれだけの人数と出会える場というのはなかなか他にありません。

料理教室婚活や野球観戦婚活などの少し変わった婚活パーティーも人気です。まずは様々な人と会って話してみたい、という男性に向いている婚活といえるでしょう。ただ異性一人ひとりと会話する時間は限られているため、効率よく自分をアピールし、相手のことを聞きだす必要があります。
一度の参加で絶対にいい相手を見つける、と身構えるよりも、何度か参加しコツを掴むうちに出会いを見つけると考えるほうがいいでしょう。

<業種交流会、社会人サークル>

様々な業界で働く人が参加する異業種交流会は社会人ならではの出会いの方法です。OL、飲食業、経営者、医療、行政……自分の仕事に前向きに取り組む女性と出会いたいと考えている男性におすすめです。今は婚活として企画されている異業種交流会もあり、婚活パーティーのような流れのものも開催されています。

また、趣味として参加出来る社会人サークルは気軽に友達を作る感覚で利用出来るので人脈を作りたいときにも向いています。結婚相手に限らず、友達の輪を拡げながら恋愛相手を探すことが出来るのが特長です。社会人サークルに入って休日を充実させることで仕事のストレス解消や気分転換にもなるでしょう。異業種交流会も社会人サークルも、オフィスワーカーとして働く男性にとって新鮮な出会いがあるはずです。

<飲み会、合コン>

社内の人との付き合いが多いオフィスワーカーにとって飲み会は欠かせないものです。上司に気を遣ったり幹事を任されたりと大変なこともあるものですが、普段あまり関わりのない部署の人とも話せるチャンスを生かさない手はありません。せっかくの機会ですから、お酒や料理を勧めたりしながら親睦を図るようにしましょう。

また合コンも今は立派な婚活の手段として利用されています。気軽にお酒を飲みながらのほうがコミュニケーションを取りやすいという人には向いている婚活です。何度か参加することで女性との接し方もわかってくるはず。ただ飲みの席なので相手に軽く思われてしまわないよう、態度や話の内容には気をつける必要があります。

合コンに行きたいが相手が見つからない、という場合には合コンセッティングサービスを利用するなどして女性グループを見つけるのもおすすめです。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

あまり外部の人と接触する機会がないオフィスワークの男性。社内の女性との恋愛がない場合には、当然自分で婚活をして相手を探すことになります。会社の外に出てみると様々な職業の女性が出会いを求めています。職業自体はいわゆる「平凡」なオフィスワークの男性は自分の強みを知っておくことが重要になります。

また、平日は毎日スーツを着て出勤している男性にとって私服は疎かになりがち。気付けば新しい服なんてもう何年も買っていない、靴も磨いていないまま……なんて男性もいるのではないでしょうか。婚活ではオフの日の貴方の姿が勝負です。

いくら仕事でバリバリとがんばっていても、婚活でそれをアピールすることは容易ではありません。仕事の話ばかりすると「家庭を大事にしないタイプ」と思われてしまいかねないからです。
私服や趣味など休日の楽しみ方を見つけることにより、貴方本来の魅力も輝いてくるはず。一度クローゼットの中身やスケジュール帳を見直して、一人の男性として充実した生活を送れているか振り返ってみましょう。

<成功体験談>

女性向けの商品を多く扱う会社に勤めているため職場には華やかな女性が多く、入社したときにはすぐに彼女が出来るはずだと期待していました。ですが毎日女性と顔を合わせるにも関わらずお互いにそういう意識を持つような相手はおらず、そろそろ将来のことを考えたい年齢になっていたのもあり、会社の外で出会いを探すことにしました。

婚活を始めるにあたって気をつけたことはファッションです。婚活とファッションはあまり結びつかないようにも思いますが、毎日スーツで出勤しているせいで自分の休日の服装というものに無頓着になっており、久しぶりに参加した同窓会で同級生に「なんだかださくなったね」と言われてしまったんです。独身ということで周りより若々しくてもいいはずなのに、集合写真では一人だけ老けて見えてショックでした。
そのことがあり、女性からの第一印象をよくするためにもファッションに気を遣うようになったんです。以前はあまり興味がなかった洋服も、邪魔にならない程度に切るだけだった髪も、人に与える印象を意識するようになりました。

婚活として主に参加していたのは婚活パーティーなのですが、何度か参加するうちに最初よりも積極的に女性と話をすることが出来るようになりました。見た目を少しずつ変えることによって自信がついてきたんだと思います。

今は婚活パーティーで出会った2つ年下の女性と交際しています。もうすぐ彼女の誕生日なので、そのときにプロポーズしようと考えています。
(34歳会社員)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

オフィスワークの男性の多くは平日の決まった時間に勤務し、固定の休日があります。結婚を考える際、女性が仕事を続ける場合には自分と同じ生活時間帯であってほしいと思う男性も少なくはないでしょう。女性が社会進出を果たし結婚後も長く勤続することがごく普通のこととなっている今、結婚を考えた出会いを探して改めて婚活する場合にはそのことをしっかりと条件として掲げ、相手に伝える必要があります。

自分が相手に合わせられる点、出来れば合わせてほしい点、話し合ってお互い譲歩したい点など、あらかじめ自分の中で整理しておくとスムーズにいくはずです。お見合いや婚活パーティーなどで女性と話す際に、結婚後の仕事についてどう考えているかを聞くのもいいでしょう。仕事を続けたいと思っている女性の考えを男性が一方的に否定することは出来ませんが、お互い納得出来る相手を見つけることは出来るはずです。

カレンダー通りにきっちりと勤務時間が決められている仕事のみが正しいというわけではありません。
長く続く幸せな結婚生活のためには、お互いが相手の仕事や生活を尊重することが大事になってくるのです。

<失敗体験談>

以前付き合っていた彼女とは婚活合コンで知り合いました。一人で参加するタイプの企画型合コンだったので女性参加者はもちろん男性にも知り合いはいない合コンだったのですが、その彼女とは最初に会ったときから話が合い、明るく笑顔で話す姿に惹かれてアプローチし、付き合えるようになったときには本当にうれしかったです。もちろん真剣に将来のことも考えていました。

その元彼女の勤務先は地元の大きな病院。看護師として勤めており、当然夜勤もあるためなかなか決まった曜日に会うということは出来ない状態でした。私の職業は、残業はあっても少なくとも週に1日は必ず休みがあります。すれ違いが多くなり、だんだん僕から彼女へ不満を口にすることが多くなってしまいました。今思えば彼女の仕事内容や勤務体系はわかっていたはずなのに、なぜあんなにピリピリしていたのだろうと後悔しています。

結局うまくいかなくなってしまい、数ヶ月で交際は終わりました。自分の結婚観や価値観についてもう少し客観的に判断し、相手のことも思いやれていれば別の未来があったのではないかと思っています。
(30歳会社員)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

社内では身近すぎてなかなかうまくいかず、かといって外部の女性と接する機会もそんなにない。そんなオフィスワーカーの男性にとっては普段の生活の中で自然と出会いを見つけるというのは簡単なものではありません。

婚活で一番大事なのは積極的に行動することだと言われています。自分の置かれている環境で出会いがないのなら、まずは出会いを見つけられる場に行くことが第一です。
オフィスワークに就く男性の多くが休日である週末には婚活のイベントが多く開催されています。その中で自分に合った婚活を見つけてみましょう。婚活パーティーや合コンなどは一度だけ参加するということも可能ですし、結婚相談所は見学に行くことが出来ます。最初は体験としてそれぞれの婚活に触れてみてください。

また、日頃から自分を磨いておくのも大事な婚活です。男性は女性に比べると「自分磨き」に関心が薄い人が少ないように思われがちですが、休日にジムに通ったり趣味の世界に没頭したりと自分の時間を大切にしている男性は多くいます。そしてそういった男性は女性にとって魅力的に映るものです。

オフィスワークの男性は医師や経営者といったわかりやすい魅力のある肩書きではないぶん、個人としての魅力で女性にアピールする必要があります。自己紹介をするときに自信を持って言える長所や趣味はありますか?周りの男性と違う一面を持っていればより魅力的に見えますし、会話の糸口にもなるはずです。

オフィスワークの男性を結婚相手として求める女性は多くいます。その理由は「まじめで安定しているから」というのが圧倒的。厳しい縦社会の中で働く会社員の男性は、仕事もコツコツがんばり家庭のことも大事にしてくれるといったイメージがあります。
不況の今の時代の女性が求めているのがまさにこういった男性なのです。

ページトップ