【公式】婚活パーティー・お見合いパーティーのイベントを探すなら婚活のエクシオ

ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
東海エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2021年04月23日

婚活攻略!”誠実な人”の特徴は?見分け方と誠実になる方法

キーワード:, , , ,

「結婚するならぜったいに”誠実な人”がいい!」 ―多くの婚活男女は「真面目さ・誠実さ」を結婚相手に求めます。恋人にするなら容姿や面白さを重視しますが、生涯を共にするなら、やっぱり誠実な人が一番ですよね。
今回はそんな「誠実な人」の見分け方や特徴をご紹介します!

”誠実な人”の特徴は?

「誠実な人」の特徴はどんなところに現れるでしょうか。その性格や言動を見てみましょう。

ウソをつかない

誠実な人はまずウソをつきません。相手との信頼関係を大切にしているため、その信頼を一番に損なう「ウソ」を嫌います。そのため不貞行為や隠れて借金などの不実な行動を行うことがありません。パートナーにすると安心でき、とても心強いのが特徴です。
逆にあなたがウソをついたりすると一気に失望されてしまいますから注意が必要です。何かあったら誤魔化すことなく正直に言うことが大切ですね。

思いやりがあり平等

誠実な人は他人に対する思いやりが深く、誰に対しても平等です。相手を見て差別したり、態度を露骨に替えたりしません。人に対する気遣いを大切にし、思いやりを忘れません。
約束もきっちりと守り、それを破ることは無いでしょう。言葉や人の気持ちをなによりも大事にします。
発言を大事にしますから都合のいいことをべらべらと言うことは無く、少々口下手な部分もあります。言葉が足りないんじゃないかと感じたり、不器用で融通が利かない部分があるかもしれませんが、知れば知るほど「誠実な人」の魅力に夢中になっていくはずです。

お礼が言える・きちんと謝る

なにかしてしまったときに、言い訳や人のせいにせずに、謝罪することができます。「そんなの社会人として当たり前」と思われるかもしれませんが、意外と「きっちり謝る」ことができる人は多くありません。自分を守るためにぐだぐだと言い訳を探してしまうものです。
誠実な人はしっかりと謝罪し、そこからリカバリーをするための努力をしますから、誰からも信頼されるのです。人からやってもらったことにはストレートに感謝を述べます。「ありがとう、ごめんなさい」がきちんと伝えられる人は、誰からも好かれます。

こんな人は嫌だ!不誠実な男女の特徴

関わってしまうと不幸になりかねない、『不誠実な人』の特徴とはどういったものでしょうか。もしもパートナーにこうした傾向が強いようなら、「いつか良くなる」と考えずに、早めに見切りをつけて逃げたほうが得策です。

人のせいにする

不誠実な人は、責任逃れをしたり、常に誰か・何かのせいにします。責められても謝らず、「自分は悪くない、こういうことがあったせいだ」と責任転嫁して自分の非を認めることをしません。逆切れをして「そっちが悪いんだろ」などと言いだすことすらあります。
どうしても謝るハメになってもふてくされたり、被害者のような態度を取ります。不誠実な人と関わっていると、裏で「あいつのせいで…」と責任を押し付けられかねません。

約束を守らない

不誠実な人は約束をよく破ります。都合の良い事を言ってなんでも口約束しますが、平気で約束を反故にします。「そんなこと言ったっけ」「そっちの勘違いじゃない?」などとしらを切り、不貞行為を働いたりしても、ウソをつくなどして誤魔化そうとします。常に自分に都合の良いように動くため、その恋人は振り回されて疲れてしまうでしょう。

思いやりが無い

不誠実な人は基本的に「自己中心的」です。最初は甘い言葉を口にして、優しいそぶりを見せます。うわべの優しさや気風のいい発言に騙されて、魅力的な異性だと錯覚して好きなってしまうことも。不誠実な人が案外モテるのは、なんでも都合の良い事をべらべらと言うからです。
ですが、しだいにその”思いやりの無さ”は露呈します。気づかいの言葉を言わなくなる、相手を責める、行動をしない、努力をしないなど、相手のことを本気で思いやることをしなくなります。不誠実な人は言動と行動が一致しません。それに気が付いたときにすぐ離れる勇気が必要です。

必見!誠実な人の見つけ方

ちょっと口下手でおとなしい部分のある「誠実な人」。ともすれば「ぱっとしないタイプ」なんて見過ごしてしまうことも?注意深く異性の行動・言動を見定めましょう。

周囲から信頼をされている

自分からの視点だと偏ることもあります。周囲の老若男女から篤く信頼され、友好関係を築けているかを見てみましょう。周りの人とのつながりを大切にし、また、その本人も周りから愛されている場合は、非常に誠実な人と考えられます。世代に関係なく多くの人と信頼関係を築き上げ、維持するのは並大抵のことでは無いからです。
うそをついたり「ありがとう・すみません」の言えないタイプの男女は、時間が経つにつれて周囲の信頼を失っており、周りに味方がほとんど残っていないはずです。

悪口や言い訳を言わない

人のネガティブなことを言いふらしたり、なにかあると謝罪よりも先にグチグチと言い訳を言う…そうした人は、とても誠実とは言えませんね。会話していて「なんだか愚痴が多いなぁ…」「人の悪口ばかり言ってる」「いつもダラダラと言い訳ばっかり!」と感じたら、その相手は要注意です。たまにネガティブな言葉や愚痴が漏れることは誰しもありますが、それが過度であれば問題です。聞いていてもイヤな気分になってしまいます。
基本的に悪口を言わない・言い訳をしない人が誠実と言えますね。

しっかりしている

誠実な人は、様々な面において、「だらしなさ」が見られないことも挙げられます。不誠実なタイプでは、時間にルーズで仕事も適当、なにかあれば言い訳、男女関係にもルーズです。倫理観が低いために自分にとって楽な選択肢ばかりをしています。責任感も無いためにすぐに放り投げて逃げ出してしまいます。
その真逆に位置するのが誠実な人で、困難があってもさまざまなことにしっかりと責任感をもって取り組む真面目さがあります。

あなたも見られている!誠実な人になる方法

誠実な人は、同じように誠実な心を持った人が好きです。あなたも相手から見られる立場であることに変わりはありません。どうしたら誠実な人になれるのでしょうか。

人への思いやりを持とう

誠実さの根本は、”人への思いやり”にあります。誰かを気遣う気持ち、優しさが誠実さに結び付きます。他人のことを「どうでもいい」と考えていると、どんどん扱いがおろそかになり、不誠実な態度をとってしまいます。
だれに対してもいたわりや気配りのこころを持つことで、「誠実な人だ」と好意を寄せてもらえるようになるはずです。

ウソや言い訳はやめよう

素直な気持ちでいることも「誠実」である上で大切なことです。ウソで自分を良く見せたり、偽りで自分を塗り固めているようでは、いつまでもまっとうな人間にはなりません。恋愛においてはついつい己を飾って、かわいいウソの一つもつきたくなるものですが、ぐっとこらえましょう。
人のせいにする言い訳もやめて、何かあったら素直に反省することで、人間的にも成長できるでしょう。

自分の考えしっかりと持とう

自分の中にきちっとした筋が通っていて、正義感が強いことも”誠実”でいることの条件になります。他人の評価を気にして揺れているようでは、虚言を繰り返すなどの不誠実なタイプになってしまいがち。楽なほうに流されないで、自分の中で一つの芯を持ってください。

まとめ

誠実な人は、恋愛や婚活の場でモテるだけでなく、周囲の人から愛されます。ぱっと目立って突出するタイプではないものの、幸せな結婚生活を送れるのもこうした”誠実な男女”です。
「パートナーにするなら誠実な人がいい!」と相手に望むだけではなく、自分も相手に見合うような誠実な人間であるように心がけましょう。とくに婚活の場で誠実なパートナーと出会いたければ、自分から誠実さを見せる必要があります。
あなた自身が堅実に生きていれば、理想の”誠実で真面目な伴侶”を見つけることができるはずです。(約3500文字)

ページトップ