株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! Q45|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! Q45|エクシオ
10月のカップル数
17,218
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
平日参加し放題パック ぽっちゃり女性限定編 男性公務員限定編 40・50歳代中心編 第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 専門職&安定収入男性限定編 大人婚活★男性semi EXECUTIVE編 50・60歳代中心編 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!
Q45

恋愛相談アドバイス

[Q45]カップリングをした方にアフター依頼をしてもいいですか?

Q45

人の記憶は時間が経つほど薄れてしまうもの。
連絡を取りたい!と思ったら直ぐに依頼しましょう。

パーティーでは残念ながら意中の方とはカップリングせず、意中の方は他の方とカップルに。それでもあきらめず、連絡が取りたいとのこと。
意中の方がカップルになられたその場におられた訳ですから、その方にアプローチしにくいお気持ちは分かります。
ですが、ここであきらめてしまってはあなたの気持ちは永遠にお相手に伝わらないままになってしまいます。

カップリングされた場合、そのままお付き合いが続く場合もあれば、残念ながら続かない場合もあります。
その方とご縁が繋がるか、繋がらないかは、ご連絡をしてみないことには分かりません。

また、出会った記憶は、時間が経つほど薄れてしまうものですから、連絡を取りたい!と思ったらすぐに行動することをおススメします。

POINT.1アフターフォローで良いお返事をもらうためには

アフターフォローのご連絡をオペレーターがする際、ご依頼者様の特長やお話した内容をお相手にお伝えします。その際大抵の方が、お話した内容や職業で思い出されます。
そのため、アフターフォローで、お相手から「OK」の返事をもらうためには、パーティー中の限られた時間の中で、どれだけ印象深い話が出来るかにかかっています
また、お話をした際に良い印象を残していることも大切です。ここでもし悪い印象しか残っていない、もしくは何も思い出せない等であれば、ご連絡のお電話の時点でお断りされてしまいます。

まず、印象に残るような面白い話に自信がない!という方は、ご自身の職業について分かりやすく最初に説明してみましょう。結婚相手を決めるポイントとして、お相手の職業は気になるもの。プロフィールカードで最初にチェックしますし、会話のとっかかりにもなります。

例えば、挨拶の際に「会社員」です。で終わらせてしまっては、何の印象も残りませんが、「○○市の半導体メーカーで営業を8年やってます」と言えば、少なくとも営業で8年頑張っている人、ということは記憶に残ります。
ここで特に自分のトークに自信がない場合、自分の職業について、ひたすら専門的な話に繋げる方がいらっしゃいますが、短い時間の中ではそのようなことよりも、相手のイメージのつきやすいワードを選び、長く働いているといったような、結婚相手の条件としてプラスになることを話す方が断然効果的です
医者やパイロット、消防士や警察官などインパクトがあってイメージしやすい職業の方は問題ないですが、ぱっと聞いてイメージがつかない専門職の方などは、自己紹介に一工夫が必要でしょう。

人数が多いパーティーなどは、お一人とお話出来る時間も限られたものになります。その場合、ほぼ基本プロフィールの話で終わってしまった…。というケースも少なくありません。
上記例に挙げた職業の他にも、住んでいるところ、誕生日、血液型、出身地など、シンプルな答えで済ませてしまっていませんか。
どうすればお相手に好印象を持ってもらえるか、自分ならどう思うのか。ということを常に念頭におけば、自然とつなげる言葉も浮かんでくるのではないでしょうか。

POINT.2エレベータートークでチャンスをゲット!

「エレベータートーク」という言葉をご存じでしょうか?
この名前は、アメリカのある起業家が、投資家の勤務するオフィスのエレベーターで待ち伏せし、偶然乗り合わせたフリをして、一緒にいるわずか1分程度の間に自らを投資家にプレゼンし、資金調達に成功したというエピソードから名づけられた、簡潔な自己紹介方法のことです。
アメリカでは、他にも「エレベーター・ピッチ」「エレベーター・ブリーフィング」「エレベータ・ートーク」等といった名前で呼ばれています。
ビジネスシーンにおいて有効とされているプレゼン方法ですが、婚活にもおおいに応用出来ます。

エレベータートークの基本

1.自分がどういう者か
2.どのような経験を持っていて
3.自分が相手にどのように貢献できるのか


上記のポイントを、1分程度にまとめて話してみましょう。
要はお相手の結婚相手候補として、どのような利点があるのかということを、簡潔にアピールする、ということです。
上記の基本に倣って例を挙げてみましょう。

初めまして。○○と申します。生まれも育ちも横浜で現在30才です。
○○自動車のディーラーで営業をしていて、今年で8年目です。仕事柄沢山の車を扱っているので、車が大好きでドライブにもよく行っています。関東エリアのおススメのドライブコースやグルメ情報には自信があります。よろしくお願いします!

口にすると約1分程のトークですが、女性目線で好感度の高い自己紹介となっています。

①生まれも育ちも横浜 → 横浜には詳しい 家族も横浜にいる可能性大
②自動車のディーラー 営業で8年 →安定した職場で働いている 車に詳しそう
③車やドライブが大好き →お付き合いしたら楽しいドライブデートが出来そう

このように、この人ともしもお付き合いしたらどんな素敵なことが起こるかな…。とイメージを付きやすくすることが、お相手に好印象を残せるということなのです。

まとめ

自分を一生懸命アピールしなければ!というお気持ちは分かりますが、やみくもに話してもお相手の印象には残りません。
婚活パーティーにおいて大切なことは、全てを分かってもらおうとせず、「一番伝えたいことを分かりやすい言葉で伝えること」です
婚活パーティーはあくまでも、出会いの場。ここでの最大の目的は「興味を持ってもらうこと」ですから、自分を理解してもらおう!ではなく、「この人とならステキな事が起こりそうだな」と、次の機会への興味をわかせる事が大切なポイントとなります

婚活パーティーでカップリング出来る、アフターフォローでOKが貰えるかどうかは、婚活パーティーでのプレゼン力にかかっています。本番でいきなり上手に出来る人はいませんので、普段からご自身のアピールポイントをまとめて練習しておくと良いでしょう。

ここぞ!というところで、自分の想いを限られた場所で、限られた時間内に表現する。
これが出来る方こそ、素敵なご縁を掴むことが出来る方です。
まずは思い悩む前に、勇気を出して一歩踏み出してみませんか。

アフターフォローについて詳しくはこちら

ページトップ