株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! Q44|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! Q44|エクシオ
10月のカップル数
17,218
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
平日参加し放題パック ぽっちゃり女性限定編 男性公務員限定編 40・50歳代中心編 第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 専門職&安定収入男性限定編 大人婚活★男性semi EXECUTIVE編 50・60歳代中心編 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!
Q44

恋愛相談アドバイス

[Q44]付き合って3年になる彼がいます。
彼に結婚を意識してもらうにはどうすればいいでしょうか。

Q44

普段から彼を立ててフォローする事を心がけつつ、
将来に向けた話し合いをするようにしましょう。

彼と3年お付き合いをして、そろそろ結婚を意識するようになったけれど、彼にまだその意識がなくお悩みとの事。

たとえどんなに長い間恋人同士でも、自分から結婚話を持ち出すのは怖いという女性は多いようです。
あまりストレートに結婚の話題を持ち出してしまうと、男性があいまいな言葉で逃げてしまったり、喧嘩になってしまったりする場合がありますし、どんな反応が返ってくるか、想像がつかない場合が多いからではないでしょうか。

こういった重大な問題はタイミングが重要ですので、いつ、どんな形で切り出すか悩みどころですし、出来れば男性の方から切り出してくれるのがベストですよね。
いずれにせよ、お相手との将来を真剣に考えるのなら、避けられない問題ですので、どうすれば結婚への意識が向くか考えてみましょう。

POINT.1彼にあなたを幸せに出来る力があると、自信を持たせましょう。

女性の場合、恋愛の延長線上に結婚があると考えていますが、男性は基本的に恋愛と結婚は別だと考えているようです。ですから、長くお付き合いをしたからといって、結婚をするものだという考えには、なかなか結びつかないのだそうです。

彼の結婚に対する意識ですが、そもそも二人の普段の会話の中に、「将来住むならどんな家がいい」「子供は○人いたらいいな」等、将来に関する話題が出る事はあるのでしょうか。
普段の会話の中で、そういった結婚後の生活をイメージさせるような会話が全くないのであれば、彼の結婚に対する意識は薄いと言えるでしょう。

彼に結婚を意識してもらうには、お付き合いして既に3年、相性は良いお二人のはずですから、あなたが彼といてどれだけ安心出来るか、という事を伝える事から始めてみましょう。
彼があなたにしてくれた事に対して感謝している事、嬉しかった事をきちんと言葉で伝えるようにするのです。そうする事で、彼の中で「彼女を幸せに出来る力があるんだな」と実感する事が出来ます。彼が自分自身に自信が持てるようになってくれれば、将来を前向きに考える気持ちにもなれるというわけです。

長く付き合っている内、些細な事では感謝の気持ちを言ってない、言わなくても伝わると思っていた、と思っている所があるようでしたら、この機会に付き合い始めの頃を思い出して、彼に分かるよう、態度や言葉であなたの気持ちを伝えるようにしましょう。
無理に彼の気持ちを結婚に向けようとするのではなく、自然と彼が「結婚しようかな」と思ってくれるように誘導していく事が大切なのです。

また、家族を意識させるのも有効です。例えば、彼の家に遊びに行く時に、手土産を用意し、「この前、お母さんと買い物に行ったの。今日あなたに会う事を話したら、これをあなたに渡しておいてって言われたのよ」と言って渡すのです。
こうする事で、母親の『娘をよろしくお願いします』という暗黙のメッセージと共に、あなたの母親に彼が認識され、信頼されているという事を伝える事が出来るというわけです。
少し彼にはプレッシャーがかかる方法ですが、結婚するという事は、家族同士の付き合いも考えていかなければならないのですから、それを意識付ける一つの方法と言えるでしょう。

POINT.2男性が結婚を意識するポイントは、安心感と癒しです。

彼が結婚に対して意識が薄いのではなく、躊躇している場合ですが、男性が結婚を躊躇する大きな理由は、結婚する事によって様々な責任が増加する事。それは女性も同じ事ですが、結婚する事による責任問題へのプレッシャーは男性の方が大きいと言えるでしょう。

確かに、もっと他の女性とお付き合いしてみたいといった理由もあるかもしれませんが、男性が最も心配する事は、「自分の収入で家族を養っていけるのか」という事です。将来を考えると悲観的になってしまい、結婚をなかなか切り出せない、話題を避ける、といった態度に出てしまうのです。

この場合は結婚に対してネガティブなイメージを持ってしまっているので、あなたと結婚する事によって、そんな心配は無用だという事を分かってもらう必要があります。
男性が収入面を心配しているのなら、たとえ彼がどん底になった時でも支えていくつもりがある事、結婚しても仕事は出来る限り続けたい事を伝えてみると良いでしょう。
彼に結婚そのものやあなたと結婚する事に対して、どんな心配を抱えているのか聞いて、彼の結婚に対するネガティブなイメージをひとつひとつ解消していく努力が必要かもしれません。

また、彼の生活や行動に対してあれこれと口をはさまない事です。「もっとこうして欲しい」という要求ばかりを彼にしていると、たとえそれが彼のためを思って言った事だったとしても、結婚して側にいる時間が長くなったら、こんな小言をずっと聞かないといけないのか、とうんざりれてしまいます。
男性が結婚を決意するポイントの一つに、安心感、癒しというものがあります。男性は精神的にも、肉体的にも疲れてしまった時に優しく癒してくれる人を、結婚相手として認識するのです。
例えば彼が忙しい時、あなたとの時間がとれなくなったとしても、「どうして私の事ほっておくの!?」と文句を言ったりするのではなく、ねぎらいの言葉をかける、美味しいご飯を作ってあげる等すると良いでしょう。彼だって、あなたの事をほったらかしにしたくて、しているわけではないのです。その事をちゃんと分かっているし、彼を信じている、という事を静かに見守る事で伝えられるのです。

大切な事は、彼が今一番必要としている事は何か、という事を考えて常に行動し、あなたといる事で、落ち着く、癒されると思える存在になれるようにしましょう。

まとめ

ただ待っているだけでは、お付き合いの停滞状態から脱する事は出来ません。
普段からお相手のフォローを心がけつつ、将来についての話合いをするようにしましょう。

何より大切な事は、普段から男性を立てた上で、優しく接したり、笑顔で話すようにする事です。
男性にはヒーロー願望が強くあるため、人から信頼される事で自信を持つ事が出来ますし、自分を信じて頼ってくる存在は守ってあげたいと思うものなのだそうです。逆に信用されていなかったり、小言ばかりを言われていれば、存在を否定されているように感じ、そのような相手とはいつか別れたいと思われてしまうでしょう。

いずれにしても、停滞状態を打破するためには、お相手に結婚を意識させるような言葉や行動を取る必要があります。女性には、出産・子育てのタイムリミットがあるため、結婚の意志のない男性とダラダラと付き合って、時間を無駄にしてしまう事は避けたいものです。
いきなり「結婚して!」という形ではなく、「私達のこれからについてどう考えている?」という事から、話し合ってみるべきではないでしょうか。お付き合いして3年なのですから、丁度よい転換期なのではないでしょうか。

その話し合いの中で、お相手に結婚という選択肢があるという事ならば、それに向かって目標も立てられるようになり、お付き合いの停滞状態から脱する事が出来るのではないでしょうか。

ページトップ