ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
九州エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2021年01月01日

結婚に繋がる出会いで選ばれるためには努力が必須!

キーワード:, , , ,

婚活パーティーでカップルになれたとしても、なかなか先に結婚に発展しないという方は少なくありません。
そう、あなただけではないのです。
2回目のデートでダメになってしまったという方もいるでしょう。
飲食3回の壁といって、これをクリアできないと先に進まないと言われています。
お互いのフィーリングも大切ですが、その後結婚に繋げるためにはお互いの努力が必要になるのです。

生活圏の恋愛と婚活の恋愛の違い

職場や学校、アルバイト先などでの出会いから恋愛に発展する場合、出会った時点では「この人と結婚したい」とは思っていませんよね。
たくさんの何気ない時間を共有していくうち、気構えや気負いがないまま「好き」という気持ちが育っていき、恋愛、結婚へと繋がっていきます。
これが婚活パーティーになると「お付き合いする相手」や「結婚をする相手」として出会いに行くことになるのです。
「結婚」や「交際」を前提に出会い、「好き」という気持ちをそこから育てていかないといけなくなります。
婚活はそういった出会いの特性から減点法ではなく加点法でいかないとうまくいかないと言われていますがこれがなかなか難しいのです。
話している仕草やプロフィールの情報から自然と精査するスイッチが入ってしまうため、加点法で見られなくなってしまいます。

選ばれる努力をしなければならない

婚活パーティーでカップルになると、お互いが結婚相手と思えるかどうか、結婚に向けてお相手を想う気持ちを育てていかなければいけません。
「いいな」と思った相手とカップルになれたからと満足していてはその際に進まないのです。
お互いに気持ちを育てていくにはとにかくたくさんのコミュニケーションが必要になります。
LINEやメールをこまめにやりとりしたり、時間を見つけて頻繁に会ったり、顔を見て話したいけど会えないという時はビデオ通話アプリを利用するのも良いでしょう。
なぜこれだけコミュニケーションをとらなければいけないかというと、お相手が婚活パーティーのみで婚活しているとは限らないからです。
もしかしたら、結婚相談所でお見合いをしているかもしれませんし、ネット婚活で複数の方とやりとりしているかもしれません。
マメにやり取りしている人に割り込まれたら、選ばれる努力をしない人は記憶から消されてしまうでしょう。
この選ばれる努力もなかなか難しいところですが、まったく連絡をとらないとそのままフェードアウトしてしまいます。

お互いの気持ちが育っていないとうまくいかない

男性女性に限らず、マメなやりとりが苦手という方はいます。頻繁にやり取りを一方的にしすぎると重く感じてやり取りをやめてしまう可能性もあるでしょう。
お互いの気持ちの距離感を測りながらやり取りをしていかなければなりません。
そういった場合もお互いに価値観をすりあわせるように一番負担にならないやり取りの仕方を伝え合うようにしましょう。
特に婚活パーティーで出会った方同士は、結婚に向けての熱量が違う場合があります。
今結婚を視野に入れているのか、恋人がほしいだけだったのかを先に伝え合うのは大切でしょう。
気持ちのズレがあれば、どちらにしてもうまくいく可能性は低いので、お互いが次に進めるように思いやりをもって接してください。

ページトップ