ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
関東エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2020年09月15日

丸山桂里奈さんと本並健治さんの結婚から学ぶこと

キーワード:, , , , ,

ちょっぴり破天荒な丸山桂里奈さんが結婚できたことにショックを受けているアラフォー女性は多いのではないでしょうか。
同じく、56歳バツイチにして30代の女性と結婚できたことに、同じく50代の独身男性は羨ましく思っていることでしょう。
二人の結婚から学べることは多いと思いませんか?

お互いに「過去のことや先入観は横に置く」

丸山桂里奈さんは過去の恋愛遍歴についてメディアで赤裸々に語っています。もし同世代の初婚の男性が聞いたらちょっと引いてしまうような内容。でも大人である本並健治さんは、そんな過去のことはどうでもよく、変な先入観を持たずに、人柄が気に入ったから結婚したことが伝わってきます。

同じく本並さんはバツイチの56歳。一般的に37歳の女性だったら、このような肩書を聞いただけでちょっと引いてしまうでしょう。でも、丸山桂里奈さんは過去のことは過去のことと割り切り、今自分はこの人をどう思うか、一緒にいたいか、自分の気持ちに素直になって考え、人柄が好きになったことが伝わってきます。

相手の属性にこだわりすぎないで!

もし二人がそれぞれ相手の過去についてこだわっていたら、二人の結婚はなかったでしょう。
相手の属性にこだわらず、今の自分の気持ちに素直に耳を傾けた結果、好きになったから結婚したのです。

婚活パーティーではどうしても相手の仕事や婚姻歴、年齢などの属性にこだわり、意味なく自分の中で足切りしようとしている人が多いのです。
もっと自分の心の底、根底にある部分で相手に好意を抱いているかどうかを問いただしてみることです。

とても気の合いそうなお相手なのに「年齢が50代だから」「離婚歴があるから」「過去に派手な恋愛遍歴があるから」といった理由で断っていたらもったいないことです。
逆に色々な恋愛経験をしてきた人間だからこそ、お相手に変に期待し過ぎず、一緒に理想の生活を作り上げていこう、という思いが働くのではないでしょうか。
過去の恋愛から学習してきたことはたくさんあるはず。逆に恋愛経験の少ない人の方が理想を追い求めてしまい、許容範囲を狭めていませんか?

大人の恋愛に正しいフォーマットなんかありません!

大人の恋愛に若い頃の理想の結婚を求めても無理があります。若い頃に思い描いた理想の結婚=正しいフォーマットではありません。
人生経験が豊富な中高年なりに物差しはたくさんあっていいはず。事実婚でもいいし別居婚でもいいのです。
とにかく見栄を張らないこと。純粋にお相手の人柄が気に入った、フィーリングが合った、このような直感をもっと大切に信じましょう。

ページトップ