ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
関東エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2020年07月24日

オンライン失敗談!注意すべきポイント

キーワード:, , , , , , , ,

年始から人気が高まっているネット婚活。2020年はコロナの影響もあり、春ごろからは婚活パーティーやお見合いなどにも『オンライン』が導入されるようになりました。東京を中心とした関東では不安な社会情勢が続く中、オンラインでの出会いは今や一つの婚活手段として重宝されるようになりました。ですが、参加する人が増えるほどに「失敗した体験談」も耳にするようになってきました。オンライン婚活で失敗してしまった人は、いったい何がいけなかったのでしょうか…。

焦りは禁物!「すぐに会いたがる」

オンライン婚活で仲良くなり、連絡先を交換した男女。カップル成立したことに浮かれてしまい、即「じゃあいつ会いますか!?」と会う予定を入れようとしていませんか。今の不安定な社会情勢で、なかなかデートに乗り気ではない方もいることでしょう。会いたい気持ちはわかりますが、メッセージのやりとりやリモートデートを重ねて、信頼を築いてからアポイントを取りましょう。

片付いてる?「背景が汚い」

オンラインの婚活は自室で参加する方が多いですよね。その際に散らかっている部屋や洗濯ものなどが映り込んでしまったら、相手のテンションはダダ下がりです…。ZOOMを使えば背景を設定することができ、部屋が映り込むことはありません。ですが、「面白い人だと思ってもらえそうだから」と派手な背景を設定するのは逆効果になることも。婚活の場は真面目な場ですから、TPOに沿った背景を考えましょう。

自宅だからって…「服装が適当」

外出する必要がないのがメリットのオンライン婚活。ついつい普段着で参加したり、ヘアスタイルやメイクが適当になってしまう人も。上半身しか見えないんだから、と下をパジャマで参加して、相手に見えてしまったという失敗談もよく聞きますね。「パジャマで参加しよう」「部屋着参加OK!」というようなイベントでない限りは、上から下までびしっとキメて、気合を入れて参加したいところです。

まとめ

テレワークの普及やオンライン飲み会、ZOOM婚活などさまざまなコミュニケーションツールが活用されるようになった2020年前半。自宅だから、ネットだからと気を抜くことなく、しっかりと準備をして取り組みたいですね。2020年後半もぜひ、オンラインでの出会いを楽しんでみてください。

関東(東京・神奈川[横浜]・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)の婚活パーティー

ページトップ