ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ 050-5531-9451

オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
関西エリア婚活パーティーお役立ちコラム
エリア選択
2021年01月01日

関西でも色々!婚活に役立つお正月知識

キーワード:, , , , , ,

2021年がスタートしました。今年から本格的に婚活に取り組もう、と気合を入れているのではないでしょうか?

さて、婚活で鉄板の『地元ネタ』。関西圏といっても特色は様々で、大阪一つとっても地域によって習慣や風習、お雑煮などは異なりますよね。

今回は『お正月』に絞ってマメ知識をご紹介。婚活でのトークの話題になれば幸いです。

関西特有?お正月の食卓

●おもち

おもちは丸餅が主流です。日によって焼いたり煮たりが異なります。お雑煮の汁で似てから甘いきなこにつけて食べる風習も。

鏡開きは関東では11日、関西では20日に行われることが多いようです。

● お雑煮

一番地域差が出るのが『お雑煮』。同じ県でも地域によって違いますが、ここでは一般的とされるお雑煮をピックアップしました。

京とは白みそで仕上げ、祝い大根と金時にんじんが彩を添えます。大阪は1日目と2日目のお雑煮が違います。「商い(あきない)ように」が由来だそうで、1日目は京風白みそ、2日目は醤油のすまし汁風味なんだとか。兵庫(神戸)は白みそとすまし汁が混同しているエリア。奈良も味噌仕立て、和歌山は白みそベースに真菜という野菜と青のりが入ります。

● おせち

最近は購入することも多くなったおせち。こちらもとっても地域色豊か。

関西では「塩焼のタイ」や明石の「アナゴ」、昆布巻きに「ニシン」、「棒鱈」などが食卓に上るのですが、関東のお正月ではなじみが薄いものです。「にらみ鯛」という、食卓に出すだけで3日を過ぎるまで箸をつけない鯛も有名ですね。

黒豆はつやつやしたものではなく、シワが寄ったものが好まれるようです。

まとめ

いかがでしたか? 地域が違うと食べるものも違ってきますよね。全国各地、さまざまな風習があるのは面白いものです。おいしい正月料理を食べて、今年も1年素敵な時間を過ごせると良いですね。

☛オンラインも♪関西(大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良・滋賀・和歌山)の婚活パーティー

 

ページトップ