株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 異性との会話を盛り上げる極意 vol.1|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 異性との会話を盛り上げる極意 vol.1|エクシオ
11月のカップル数
17,512
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 男性公務員限定編 警察官・消防士・自衛隊・教師限定編 エクシオクリスマススペシャルパーティー2018 エクシオカウントダウンパーティー2018 エクシオお正月スペシャル個室パーティー2019 女性看護師・医療関係者・保育士限定編 年齢は気にしない~相性だけでカップリング編♪~ エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!
異性との会話を盛り上げる極意 vol.1

異性との会話を盛り上げる極意 vol.1

婚活系のイベントやお見合いパーティーへの参加をためらってしまう一番の理由は、「初対面の異性と何を話せばよいのか、どう接したらよいのかわからない」という気持ちが、無意識に働くからではないでしょうか。たしかに、相手の人柄や趣味、嗜好などがまったくわからない状態ですから、そこから会話を広げていくのは大変な作業です。相手が異性であれば、なおさら緊張もしてしまうでしょう。けれども、それは相手も同じであって、緊張しているのはあなただけではありません。そう思うだけでも、かなり気持ちが楽になるはずです。
初対面の異性との会話で、一番気をつけなければならないのは「自分から余計なことは話さない、聞かない」という心構え。話が盛り上がると気持ちが舞い上がり、つい余計なことを口にしてしまう場合もありますから、その点には注意しましょう。
ここでは、婚活パーティーなどの初対面の場で、口に出してはいけない話題について詳しくお話します。

相手の容姿に関する話題

相手の体型や顔立ちなど、容姿に関する話題はできるだけ口にしないほうが無難です。なぜなら、あなたは褒めるつもりで発言したとしても、相手はそこにコンプレックスを抱いている可能性があるから。「背が高くて素敵ですね」「ぽっちゃりしていて可愛らしい」など、あなた自身は心から素敵だと思って褒めたとしても、相手はそこに触れてほしくないと思っている場合が往々にしてあります。もし、どうしても褒めたいと思うのであれば「笑顔が素敵」など、雰囲気を褒めるようにするとよいでしょう。

ネガティブな話題

初対面の異性に対して、仕事の愚痴や自分を卑下するような話題は、避けたほうが無難です。仕事以外にも家族や友人などに関する愚痴や、その時に参加している婚活パーティーに対する文句などもご法度だと心得ましょう。そういった発言は相手の同意や同情を買うどころか、「一緒にいてもつまらなそうだ」と思われるのがオチ。できるかぎり明るくポジティブなイメージを相手与え、「話していて楽しい」と思ってもらうことが大切です。また、謙虚さをアピールしたい気持ちから、「どうせ自分なんて」といった言葉を口にだすのもご法度。見栄を張ったり嘘をついたりする必要はないですが、あえて自分を過小評価することもありません。それに対して、どう応えてよいのかわからず、相手を困らせてしまいますよ。

理想の結婚像

婚活の場なのに、自身の結婚観や理想の家庭像を語ったらいけないのか?そう思われるかもしれません。ただ、あまりにも現実からかけ離れた理想は、口に出さないほうが無難です。結婚は一人でできるものではなく、パートナーと二人で築き上げていくもの。お互いの価値観や意識の擦り合わせは必要ですが、自分の理想を押しつけたり、相手を理想像に当てはめようとしたりするのはNGだと心得ましょう。
例えば、相手がどんな人なのかもわからないうちに、「子供は何人欲しい」「将来、どんな家に住みたい」などと聞かれてもピンとこないばかりか、がつがつしている印象を与える可能性もあります。あまりにも詳細を聞きすぎたり語りすぎたりすると、条件重視だと思われかねません。まずは、相手がどんな雰囲気の異性なのか、趣味は合うかなどをチェックすることを心がけて下さい。

過去の恋愛話

婚活パーティーなどの初対面の場では、お互いの過去の恋愛には触れないようにしましょう。過去に付き合った相手のことや別れた原因などについて、聞いても聞かれてもぎくしゃくするだけです。まして、聞かれてもいないのに自分から「前の彼女(彼氏)とは…」などと話すのは、もってのほか。ただし、離婚歴がある場合には、後々尾を引く場合もありますから、早めに告知しておいたほうがよいでしょう。

婚活に関する話題

相手の異性がどんな動機で婚活を始めたのか、どれくらいの期間婚活をしているのか、気になる方も多いでしょう。けれども、「お見合いパーティーは何度目ですか?」と質問するのは、避けたほうが無難。というのも、そのような質問には答えにくいばかりか、「デリカシーのない人」だと思われる可能性もあるからです。例えば、相手が長い間婚活をしていて、何度もお見合いパーティーに参加していたとしていたら、それを正直に話すことに躊躇するはず。ですから、そういう話題には極力触れないほうがよいのです。

両親のこと

両親や家族に関して相手から聞かれた場合には、差支えのない範囲で話すのはよいでしょう。けれども、親との親密な関係や自分がどれだけ親思いなのかをアピールするのは、時として逆効果になることもあります。特に、男性が自分の母親との絆の深さを開示すると、女性から「マザコン」だと思われる可能性が高いですから、「聞かれたら話す」くらいのスタンスを心がけて下さい。

ページトップ