株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! おすすめ映画20~30代女性|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! おすすめ映画20~30代女性|エクシオ
10月のカップル数
17,218
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
平日参加し放題パック ぽっちゃり女性限定編 男性公務員限定編 40・50歳代中心編 第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 専門職&安定収入男性限定編 大人婚活★男性semi EXECUTIVE編 50・60歳代中心編 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!
おすすめ映画20~30代女性

おすすめ映画

癒されたいとき、ドキドキしたいとき、自信がないとき、ヒマなとき… そんなときにおすすめの映画をご紹介します。

ドキドキしたい時

ジョゼと虎と魚たち(2003年・日本)

監督:犬童一心
出演:妻夫木聡、池脇千鶴、他

田辺聖子の短編小説を映画化した本作は、若い世代からだけでなく幅広い世代からも支持されている恋愛映画の鉄板と言えます。
雀荘でアルバイトをしているごく普通の大学生の恒夫(妻夫木聡)と、足が不自由で車いすでの生活を余儀なくされている「ジョゼ」こと、くみ子の儚くも濃密な純愛を描いた切ない物語です。
ドキドキしたい!と思うことがあっても、恋愛や出会いから遠ざかった生活をしていると、だんだん恋愛が億劫になるものです。そんな時こそこの映画を観て、初恋をした頃のドキドキや胸がキュンと締め付けられるような気持ちを思い出してみましょう。
障害者と健常者の恋愛を通して人間の本質や心理描写が丁寧に描かれていて、20代30代の女性に特におすすめの映画です。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年・アメリカ)

監督:ブラッド・バード
出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、他

大人気の『ミッション:インポッシブル』シリーズ第4弾です。
ロシアの中枢であるクレムリンの爆破事件の容疑がかけられたトム・クルーズ演じるイーサン・ハント。彼が所属する極秘諜報機関IMFのチームは、国の大きな力で存在さえも抹殺されそうになります。大統領が発令した"ゴースト・プロトコル"は不可能に近い作戦であり、孤立無援となったイーサン・ハントのチームが独自の作戦で事件の黒幕に迫りながら、見えない敵と戦っていくアクションの数々は見応えがあります。
ハラハラドキドキの連続で、まるで自分がチームの一員になったかのようなドキドキ感を最後まで楽しめます。そんな心地良い刺激と大迫力のアクションが、心のモヤモヤを晴らしスッキリした気持ちにしてくれるでしょう。トム・クルーズがスタントなしで挑んだドバイの超高層ビルを上るシーンは、必見です。

ヒマな時

モテキ(2011年・日本)

監督:大根仁
出演:森山未來、長澤まさみ、他

大人気のドラマ「モテキ」の1年後という設定で、原作者の久保ミツロウ氏が書き下ろしたオリジナルストーリーです。
1年前のモテキがウソのように恋愛からは遠ざかり、夢も希望もお金もない藤本幸世(森山未來)は、ひょんなことがきっかけで、好きなサブカルのライターとして働けることになります。なんとか念願の仕事を手に入れ新たな一歩を踏み出そうとしていた幸世が、松尾みゆき(長澤まさみ)との出会をきっかけに、そこからセカンド・モテキが始まります。
仕事や婚活に疲れた時、ヒマだけど何もしたくない時、この映画を観て思いっきり笑って気持ちをリセットするのもおすすめです。中でも、森山未來のダンスシーンは見応えがあり、彼の多彩な才能には驚かされることでしょう。

ステキな金縛り(2011年・日本)

監督:三谷幸喜
出演:深津絵里、西田敏行、他

「証人はただ一人、落ち武者の幽霊」というキャッチコピーで大ヒットした本作は、幽霊が法廷で証言台に立つという前代未聞のストーリーです。
弁護士としては三流でギリギリのところまで追い込まれていたエミ(深津絵里)が、ある殺人事件の容疑者の弁護を担当することになり、無理難題ともいえるアリバイを証明するために奔走します。その男のアリバイとは、「旅館で落ち武者が一晩中のしかかって金縛りにあっていた」というもの。幽霊であるその落ち武者・更科六兵衛(西田敏行)に法廷で証言させることができるのかどうか、最後まで目が離せません。
西田敏行をはじめ豪華な出演陣の個性を最大限に引き出し、コメディタッチで描かれたこの作品は、リフレッシュしたい時におすすめです。観終わった後に、なんとも言えない温かい気持ちになることができ、人にもお勧めしたくなるはずです。

癒されたい時

50回目のファースト・キス(2004年・アメリカ)

監督:ピーター・シーガル
出演:ドリュー・バリモア、アダム・サンドラー、他

常夏の島ハワイを舞台に、元プレイボーイのヘンリー(アダム・サンドラー)が記憶障害の女性ルーシー(ドリュー・バリモア)と、一途な愛を貫くロマンティックなラブコメディです。
ルーシーは交通事故の後遺症で、寝ると前日の記憶リセットされてしまう「短期記憶喪失障害」を患っていました。そんな彼女のために彼は毎日を初対面から始め、懲りずにアタックし続け、そして二人は毎日繰り返し恋に落ちます。とても悲しい設定でありながらも、太陽が燦々と降り注ぐ開放的なハワイの景色が、観客に癒しを与えてくれます。仕事や人間関係に疲れた20代30代の女性に、元気や勇気を授けてくれるおすすめの作品です。
観終わった後に、「恋がしたい」「結婚したい」という気持ちにさせてくれて、婚活にも前向きになれるはずです。

おと・な・り(2009年・日本)

監督:熊澤尚人
出演:岡田准一、麻生久美子、他

アパートの隣の部屋から聞こえる音を通じてしだいに惹かれ合う男女が、恋に落ちていくまでを描いた良質な大人のラブストーリーです。
カメラマンの聡(岡田准一)と、花屋で働く七緒(麻生久美子)は、お互い30歳。それぞれ自分が憧れている理想と現実とのギャップに葛藤し、傷つきながらも前に進んでいく日常を透明感あふれる美しい映像で描いています。
20代30代の女性なら、一度はこんな恋愛に憧れるのではないでしょうか。穏やかな雰囲気で最後まで心地よく観ることが出来ます。そして、観終わった後には、じんわりと心が温かくなっているはずです。疲れた心や身体を癒してくれて、「また明日、頑張ってみよう」と前向きな気持ちにしてくれるおすすめの映画です。

自信がない時

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (2011年・日本)

監督:深作健太
出演:向井理、松坂桃李、柄本佑、窪田正孝、他

どこにでもいそうな医大生のコータ(向井理)は、何不自由なく暮らしながらも何か物足りなさを感じていました。そんな彼の呼びかけで仲間たちが集まって協力し合い、カンボジアに小学校を立てるために奔走しながら、成長していく様子を描いた作品です。
原作者・葉田甲太氏の体験記を映像化したもので、実際にカンボジアで撮影された映像は、映画というよりもドキュメンタリーのような生々しさが伝わってきて、どんどん気持ちが引きずり込まれていきます。理想と現実とのギャップに悩み葛藤する大学生が、傷つきながらも前に進もうとする姿は、観客に爽やかな感動と勇気を与えてくれるでしょう。
仕事に婚活に人間関係に行き詰った時、自信をなくした時、この映画が「今、自分にできることを一つずつやってみることの大切さ」を教えてくれるはずです。

リアル・スティール(2011年・アメリカ)

監督:ショーン・レヴィ
出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、他

かつては優秀なボクサーでしたが、今ではすべてをなくし堕落した生活を送るチャーリー(ヒュー・ジャックマン)が、元妻の死をきっかけに息子(ダコタ・ゴヨ)と再会したことから物語が始まります。勝つことを目標としたロボット格闘技での闘いを通し、壊れていた親子が絆を取り戻していく過程を描いた感動のヒューマンドラマです。近未来、生身の人間同士のボクシングは姿を消し、人間が操作する高性能で巨大なロボット同士を闘わせる数々のシーンは圧巻で、SFアクションの大作とも言えます。
ヒュー・ジャックマン演じる父親チャーリーの堕落した人間像には憤りさえ感じますが、そこから人間的にも父親としても再生していく様には、同時に勇気をもらえます。
どん底からでも人間は立ち直ることができると教えてくれるおすすめの一本です。

ページトップ