株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! あるある忘年会20~30代女性|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! あるある忘年会20~30代女性|エクシオ
10月のカップル数
17,218
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
もっと詳しく検索する
オススメパーティー コラボ企画パーティー 特別企画パーティー
平日参加し放題パック ぽっちゃり女性限定編 男性公務員限定編 40・50歳代中心編 第23回☆年2回開催☆冬の夜景イルミネーション観賞 専門職&安定収入男性限定編 大人婚活★男性semi EXECUTIVE編 50・60歳代中心編 マンガ・アニメ・ゲーム・テレビ好き編 30・40歳代中心編 エクシオのLINE@をぜひお友達登録して下さい エクシオ婚活アプリ登場! エクシオナビ 笑いあり、涙あり…婚活体験談大募集 幸せ報告でさらなる幸せゲット!!

オシャレなダイニングバーもいいけど
 30歳・食品関連

≪目的≫ 食べて飲んで、目の保養もしたい!
≪参加者≫ 職場の同僚、仲良し5人組

≪あるある その1≫
今日のことは忘れて、明日からダイエット


今日のことは忘れて、明日からダイエット若い時ほど暴飲暴食もしなくなりましたが、忘年会の季節はどうしても過食気味になりますよね。その時は「今日ぐらい大丈夫!」なんて思うのですが、家路につく頃には後悔。そして、「明日からダイエットするぞ!」と心に誓うんです。
婚活パーティーに着ていこうと思っていたワンピースが、いつの間にか「きつくなっていた」なんてこともよくある話。今年も5回も忘年会の予定が入っているので、また同じ過ちを繰り返してしまいそうです。

≪あるある その2≫
目当ては、イケメン店員?


目当ては、イケメン店員?いくつになっても、女性はイケメンが好き!忘年会の目的の一つは「目の保養」ですから、忘年会の会場は料理やお酒が美味しいのはもちろん、「イケメンの店員がいること」も重要な要素です。幹事をやる年は特に、事前に念入りなリサーチが欠かせません。 普段行き慣れているお店なら、サービスをしてもらえることもあるので、他のメンバーの手前ちょっと鼻高々だったりして。女子会トークで盛り上がっているように見えても、実はうわの空なんです。目では、イケメン店員を追っていることも多々ありますからね。

忘年会といえばカラオケで決まり?
 27歳・公務員

≪目的≫ 「部署内の親睦を深めるため」という名の強制参加
≪参加者≫ 同部署の20代~50代の10名

≪あるある その1≫
カラオケ好きなのに音痴って…


カラオケ好きなのに音痴って…どこの職場にも一人はいると思うのですが、自分が音痴だと気づいていないカラオケ好きの上司に困っています。お酒が入るとマイクを離さず、「ドラえもん」 に出てくるジャイアンのごとく熱唱を続けるんです。今年もまたあの季節がやってくるかと思うと気が重くて、何か良い方法はないものかと、あれこれ考えてい ます。

≪あるある その2≫
家庭の不満や愚痴ばかりは楽しくない


家庭の不満や愚痴ばかりは楽しくない忘年会トークの定番といえば、やっぱり家庭の愚痴ではないでしょうか。特に、うちの部署は既婚者のほうが多いので、奥さんやダンナさんの悪口や子どもの愚痴のオンパレードになりがちです。これから結婚をしようと思って、必死に婚活している私の身にもなってもらいたい!夢も希望もない話ばかりを聞かされて、本当に気持ちが萎えますよ。

パジャマパーティーは鍋に限る
 35歳・百貨店勤務

≪目的≫ ストレス発散
≪参加者≫ 高校時代から続く親友4人

≪あるある その1≫
上司の悪口で盛り上がってストレス発散


上司の悪口で盛り上がってストレス発散毎年の恒例になっているのが、親友S子の自宅マンションで開催する忘年会。S子が作る絶品のチゲ鍋を囲みながら、パジャマパーティーをします。話題の中心 は、職場の不満や上司の悪口。他では言えないことをこの機会に全部吐き出すから、また頑張れるんですよね。終電を気にすることもないし、いつでも寝られる 状態で飲んでいるから、心身ともにリラックスできます。この日のために一年間頑張ってきたと思えるほど、本当に楽しい!でも、そんな楽しい仲間に囲まれて あまり寂しさを感じないから、どんどん婚期が遅れてしまうのかもしれません。みんな一応は、婚活中の身なのですが…。

≪あるある その2≫
行きつくところは、「結婚ってめんどうくさい」


行きつくところは、「結婚ってめんどうくさい」私たち4人は、婚活はしているものの心のどこかに「結婚しなくてもいいかな」という気持ちがあるのも事実。正直なところ、結婚をすることにあまりメリット や魅力が感じられないんです。「結婚したら自分の自由な時間がなくなる」「一人暮らしと違って家事に手抜きができない」「お金も自由に遣えない」という結 論に至るのが、毎年この忘年会。「結婚したい」よりも「面倒くさい」気持ちの方が、勝っているのが現状です。

ページトップ