株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 モノづくり関連の職業【for WOMEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 モノづくり関連の職業【for WOMEN】|エクシオ
9月のカップル数
17,758
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 モノづくり関連の職業【for WOMEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
モノづくり関連の職業向けの婚活

食品加工や電子機器製造など、大きな工場や作業場の中で、日々コツコツとモノづくりを続ける職業は、根気と体力が必要なお仕事です。決められた手順に従って、丁寧かつ素早く作業をこなすことが求められます。作業にムラが出ないように常に注意を払い、ミスなく均等に正確な作業を進めることが、仕上がりが一定である商品を生み出すことに繋がります。

一言にモノづくりと言っても、全ての工程を1人の職人が手作業で行うものから、電気機器を用いて、多数の作業員で、流れ作業方式で生産を行う業種もあり、作り出す品物は、日用品から食品・衣類・鉄鋼・医薬品に至るまで様々です。モノづくりというのは、1~10まで全ての工程を機械が行うのでは、この職種は無くなってしまいます。人間にしか成しえない技や、機械では見落としてしまう精密な作業があるからこそ、モノづくりに人間の手作業が欠かせないのです。

このような精密な作業というのは、自身の思いや性格が顕著に現れてしまうものです。手を抜けば、その分だけ品物にも欠陥が生じ不良品となります。近年では、材料費や人件費が安い中国や台湾・フィリピンなどに生産を頼り、国内総生産の志向が低下していますが、日本製であることに、安全性や品質の良さを感じる方は多く、海外からも日本製の品物の需要は高まっています。

これは、日本の製造業が、モノづくりの伝統文化を支えている証です。製造業や技術開発などのお仕事をされている方の多くは、慎重で1つの事を最後まできちんとやり遂げる性格の持ち主です。作り出した品物は、食品であれ、衣類であれ、人に触れる物です。消費者の安全や喜びを第一に考え行動出来る素直な人柄の方が多い傾向にあります。しかし、お仕事中は、モノと向き合う時間が長く、人との接し方が上手ではないという方も多いのではないでしょうか。

食品関連であれば、作業着を着て、無菌状態を保つため外部とは閉鎖された空間での作業になります。工場や製造所では、廃棄物や土壌や排水を考慮し、郊外の工業地帯に勤務先があるケースが多いため、住み込みや社員寮に入居する方もいらっしゃいます。このような場合、自分から出会いを求めて行動しなくては、自然に知り合うのは難しいのです。 結婚したい!と思ったら、何事にも素直に行動する気持ちで婚活にも挑戦しましょう。

【POINT1】モノづくり関連の職業向けの婚活方法

几帳面で、モノづくりに関して慎重派の方は、いざ婚活となると足踏みをしてしまう瞬間があるでしょう。
「何を話して良いか分からない」「婚活したいけど、料金が心配」など、不安に思うことも多いはずです。ですが、まずは出会いの場に参加する勇気を持って、色々なタイプの方と出会いながら、お互いの事を知るきっかけ作りから始めましょう。

"お話するのが苦手"というのも1つの個性です。努力次第で改善することも出来ますし、無理に直そうとしなくても話題を引き出してくれるようなお相手に巡り会えることもあります。一緒に居て楽しい方なのか、波長が合うのかなどは、直接お相手と会ってみないと判断出来ないものです。
これからご紹介する婚活方法を参考に、出会いのきっかけを掴みましょう。

<お料理婚活>

休日以外は、職場と自宅の往復というように行動範囲がシンプルになっていませんか?
特に、社員寮に入居している方などは、仕事から帰った時の食事が一番の楽しみという方もいらっしゃるでしょう。特に、女性の方は、化粧品やファッションなどにもお金を掛けたいですから、極力自炊を心掛けている方も多いです。
そんなお料理の腕を婚活に発揮してみてはいかがでしょうか。お料理好きな男性と出会うことで、調理過程でグルメの話題など会話も弾み、調理方法を教えることで、頼りがいや信頼関係が築けます。結婚後の楽しいクッキングタイムが想像出来ます。

<クルージングパーティー>

製造業や食品加工などのお仕事の方は、モノと向き合い、閉鎖的な空間での作業が多い職種ですから、休日くらいは非日常を味わってみたいものです。せっかく婚活を始めるなら、気軽に非日常を体験出来るクルージングでの婚活パーティーがおすすめです。
クルーザー船というのは、日常的に利用することが少ないですし、リッチな気分になれるほか、出会いはロマンチックな場所で!という乙女心を叶えてくれます。カードを用いて気になった方へアプローチすることも出来ますので、奥手な方でも綺麗な景色やそよ風を感じながら素敵な出会いを楽しめます。

<婚活サイト>

自動車製造業などは、夜間も機械が稼動しており、従業員の中には夜勤がある方もいらっしゃいます。
また、期間従業員や派遣社員も多く年齢層も幅広いので、作業場の中で特定の方と恋愛に発展するのは難しいです。そこで、不規則な生活でも活用出来るのが、ネットの婚活サイトです。価格もリーズナブルなものが多いので、金銭的なリスクが少なく、最初はメールなどで交流をスタートさせるので、トーク力に自信が無い方でも大丈夫です。
似たようなジャンルでは、無料の出会い系サイトがありますが、お相手が真剣な結婚相手を探す目的ではない場合がありますので、見極めが必要です。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

誰でも、意地やプライド、ここだけは譲れないと思う条件を持っているものです。
仕事に対して厳しい方ほど、プライベートでもお相手に対して判断が厳しくなってしまうことはないでしょうか。逆に、自分は結婚相手に対して、あまりこだわりが無いタイプだと思っていても、出会いを重ねていくことで、"何か違う"という違和感や、しっくり来ない感情を抱くこともあるでしょう。判断する為に、もう1度会ってみることも良いですが、多くの方が1回のチャンスに掛けていらっしゃいます。

婚活をしていると、普段なかなか知り合わない方との出会いも可能になるので、「こういう方も合うかもしれない」「次はこんな方と出会ってみたい」と理想が高まり、欲も出てきます。ですが、自分の信念や価値観ばかりを貫いていては、独り善がりの考えになりかねません。出会いの度にあれこれ条件や考え方が揺らぐ事と、状況に応じて考え方を変える事は違います。

お相手が、自分にとって必要不可欠な存在だと実感出来た時にこそ、状況に合った選択を行い前進すべきです。それは、妥協したわけではなく、自分にとって本当に必要な条件を見出した証です。条件やプライドと葛藤した時、その場で、正しい判断を下せるかどうかが、成功を左右します。

<成功体験談>

婚活を始めた当初、私が結婚相手に求める条件は、「転勤の会社にお勤めしている人で、次男」でした。我が家は父が銀行員をしており、物心付いた時から転勤を繰返す転勤族。2人姉妹なので、自分が家庭を持つなら転勤がなく、お婿さんに来てくれる人が良いと希望していました。

条件に合う男性はいても、今一歩前進しない状況が続いていたある日、友人の誘いで参加した婚活パーティーで運命の出会いがありました。彼は、酒造で吟醸酒や純米酒を作る職人で、"手がキレイな人だなぁ"と思ったのが第一印象です。私も日本酒好きだった事と、流行りの米麹を自分で作っているという話で盛り上がり、見事カップルに!順調に交際へ発展し、お互いの結婚観について話すことが増えた時、彼は転勤がなく安定している点は良かったけれど、長男で酒蔵を継ぐことが気になっていました。
"私に仕事が手伝えるのか?"という不安もありましたが、何より、彼でなくてはいけないという気持ちと、仕事に対する誠実さや優しい人柄が、彼となら大丈夫という確信に変わりました。両親に相談すると、私が幸せになるのならと快く送り出してくれました。もうじき結納を執り行います。幸せいっぱいです。
(32歳 食品製造メーカ勤務)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

婚活パーティーなど、恋人や結婚相手を探すことを目的としたイベントやそれ以外の出会いでも、いきなり恋人になるというケースは少なく、まずはお友達関係になることからスタートするものです。「友情」と「愛情」は男女において大変近い存在であり、これまでに築いた男友達も、好意を持つ事によっては、恋人になる可能性を秘めています。

男女の友情は成立しないとい考えの方もいらっしゃいますが、まず、人として魅力があるからこそ、友達になるのですから、自分の性格や考え方をよく理解して貰える点は、恋人になってからも良い関係が築けると期待出来ます。ただ注意したいのが、あまりオープンになりすぎては、異性としての魅力を失うこともあるということです。

行動や発言によっては、友達以上になれないと判断されてしまう事もあります。女性は特に、謙虚で控えめな部分や直向に努力する健気さがある方が魅力的です。一方で、男性は自分に尽くして欲しい願望やお相手を独占したい気持ちが強い傾向にあります。近年では、イクメンなど家事や育児に協力的な男性が増えつつありますが、価値観は人それぞれですので、お相手の考えを尊重するよう心掛けましょう。

<失敗体験談>

社員寮に入っていて、普段から行動範囲が狭かった私。
周りで結婚ラッシュが始まり、このままではいけない!と思って、休みの前日は合コンや婚活パーティーで出会いを探しています。ある時、久しぶりに参加した同窓会で、気になっていた男性と再会したことがきっかけで、メールのやり取りがスタートし、たまに食事に誘われるようになりました。見た目もタイプだったので、今の自分のことを知って欲しくて聞かれた事は、何でも素直に話していました。今思うと、これがいけなかったのかな?と思うのですが、彼が「〇〇ちゃんの手料理食べてみたいな」って言ってくれたんです。

でも、「料理は苦手。仕事で疲れてコンビニ弁当ばかりだから料理が出来る彼氏が欲しいなぁ」と答えてしまったんです。話を聞いていると、彼も仕事が忙しく家事が出来ていないから、彼女にするなら、家庭的な子を求めていたようです。自分の事さえしっかり出来ていなかったのは事実ですが、「アナタの為に料理勉強しようかな」みたいな発言が出来ていたら良かったのかもしれませんね。

タイミングがあれば告白しようと思っていたのにきっかけが作れず、彼とは、恋愛の事も相談する良き婚活仲間になってしまいました・・・。
(29歳 電子工業勤務)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

合コン・コミュニティ・婚活パーティーなど、様々な手段で、結婚相手を探すことがオープンになっている現代。
結婚したいと望む女性が活動しやすい環境にあります。ですが、そういう状況の中で、成功を掴んでいる方は、どの位いらっしゃるでしょうか。実際、婚活に挑戦すると、誰しも上手くいかない時を経験することがあります。婚活パーティーを例にしてお話すると、「カップルになるのは難しい」と感じることや、「たくさん出会っているのに、出会えないのは、自分に魅力がないからだろうか?」とネガティブな考えになることもあります。

ですが、このような悩みは、誰しもが通る道です。皆、同じ不安や悩みを抱えて婚活しているということを知って下さい。そして、失敗や葛藤から得るものがあるはずです。そして成功の鍵は?というと、成功体験談での女性のような"考え方の転換"ではないでしょうか。妥協したというと、悪い意味に捉えてしまいがちですが、お相手に歩み寄ることが出来たという事です。魅力があるお相手だったという事もありますが、自分の考えを譲ることが出来た彼女は、女性として大きく成長出来たことでしょう。

きっと成功体験談の女性が、最初の条件にこだわって、次男が良い!と自分の考えを貫いていたら、結婚に結びついていなかったのではないでしょうか。今は、少子化で、核家族が増えています。長男が、長女が家を継ぐという考えは薄れ、子どもは両家の両親どちらのお世話も行っていかなくてはいけない時代です。結婚は、本人同士だけの意見で成り立つものではありません。

婚活が上手くいかない時は、思い描いている条件を周りに相談してみましょう。自分だけが、こだわっている事や、自分で範囲を狭くしている事に気付くことが出来ます。失敗体験談の女性のようにならない為にも、日頃の生活を見直すことや、お相手の為に努力する事を忘れないよう心掛けましょう。

ページトップ