株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 料理関連の職業【for MEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 料理関連の職業【for MEN】|エクシオ
9月のカップル数
17,758
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 料理関連の職業【for MEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
料理関連の職業向けの婚活

近頃の料理ブームでパティシエや栄養士、また飲食サービスで働く調理師などの職業はメディアに出る機会も増えたくさんの女性にも認知されるようになりました。料理とは言え簡単に調理師などになれるのではなく、飲食店などの仕事をしながら空いている時間に勉強をする方もいれば調理師免許専門学校に行くなどの2通りあります。
どちらも2年以上の勉強の末、国家試験を取ってからお客様に料理を出せる立場になります。料亭の調理士などは男性が多いですが、便利でなかった昔と異なり、材料がたくさん入ったバケツなど体力も必要とする厨房では男性の方が有利で、女性にとっては体力が必要な職業となっているからです。

料理の世界では入ってからすぐに料理を作れるのではなく、朝早くからの仕込みや見習いとして何年もの修行と経験を積んで晴れて一人前のパティシエや調理師などになります。繊細な味付けや細かい飾り付けなどはこの見習い期間で習得していきます。昔からある料亭などは流行りなどなく同じ味付けを守っていますが、それでも現代人の好みなどを敏感に感じ、それを取り入れる応用さも必要になってきます。

そのため、飲食に関わっている方は「料理は一生勉強」というプロ意識の高い方々が多いのも見受けられます。料理を作っている側にいるため、勉強のために違う種類の料理や人気のお店などに足を運び、たくさんの料理を食べるのも仕事の一環です。どの職業よりも向上心が強く一人前の料理人になるためなら時間を惜しまないプロフェッショナルな方が多いのは飲食関係だとも言えます。

しかし朝から晩まで厨房に立っている事が多いこの職業は女性との出会いもやはり少なくなります。また彼女が出来たとしても朝は仕込みや夜は洗い物など拘束時間が長いこの職業だと仕事を理解してくれる女性が希望されます。
ここでは飲食に関わるそんな男性のために様々な婚活方法をご紹介していきます。 たくさんの婚活パーティーに参加して新しい出会いを作っていきましょう。

【POINT1】料理関連の職業向けの婚活方法

修業の期間が長いため仕事に没頭してしまい、出会いがあっても理解してくれる女性でないと恋愛にまで発展しないという方も多いこの職業。周りが男性ばかりなので自然と無口になってしまい女性から話しかけにくい存在になっていませんか。硬派な男性に憧れる女性は多いですが、話しかけにくくてはせっかくの出会いも台無しです。

彼女が出来れば仕事に疲れた時、そっと寄り添えるような自分を支えてくれる女性がいると仕事も頑張ろうという気になります。たくさんの出会いの中からいろんな女性を見て、将来を考えられる方を探す事が結婚への第一歩です。自分に合ったパーティーを選んで婚活する事をオススメします。

<婚活パーティー>

ここでは料理を作りながら婚活をするというパーティーです。料理を作るのも食べるのも好き!料理は苦手だけど楽しそう!という男女が主に参加しますので、飲食関係の料理人やパティシエの方には最適です。料理をしながらですので、会話が苦手な方や女性と何を話していいかわからないという方にも作り方の質問や自分が知っている知識などを話すと会話も弾みやすくなります。 仕事では料理を作る際時間を気にしないといけませんが、婚活パーティーではのんびりとお話ししながら家で料理を作る感覚で楽しんで下さい。料理婚活パーティーでは毎回違った料理を作るので参加する方も飽きません。仕事で培った知恵などをここで発揮すると女性の方にも好感度アップするでしょう。 また、料理が苦手な女性などには率先して手伝ってあげるなどさりげない優しさが恋愛成功の鍵となるでしょう。

<お見合い>

真剣な結婚を考えている方や、今すぐに結婚とはいかなくても結婚を前提としたお付き合いを考えている方にはお見合いがオススメです。特に飲食などの料理人やパティシエなどの手に職を持った男性は今日人気です。

大勢での方とのお話しが苦手な場合や1対1でじっくりと考えたいという方にもオススメです。時間内で話す内容を考えておくと時間を持て余す事もないですし、女性にとっては積極的な男性だと好感を持たれるでしょう。料理のお話をする際は作る話ではなく、まずはどんなご飯が好きなのか?を聞くと会話もスムーズに進みます。

今はお見合いと言ってもかしこまった堅苦しいイメージではないので、自分のペースで無理なく将来の相手を探す良い場所と言えます。

<企画参加型合コン・一人参加合コン>

自分で企画を作って合コンを開きたい!という方には企画参加型合コンをオススメします。また、料理が好きな方のための合コンもありますし、友人達とは別に一人で参加したいという方は一人参加合コンもあります。
合コンではご飯を食べながら気軽にお話しする事が出来るので、婚活はまだ早いけど恋活に励みたい!という方にも参加しやすいでしょう。

特に飲食店で働いている男性は美味しいご飯のお店を知っている人が多いです。この機会に是非自分だけが知っている合コンでも使えるようなお店を紹介すると女性からの評判も上がるでしょう。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

やはり、料理が出来る・好き・美味しいお店を知っている事が自分のポイントだと思ってそれを最大限に生かす事です。女性は旬のランチバイキングやスイーツカフェなど新しい物好きです。料理人や飲食業であれば、季節や流行を普段から敏感に感じ取る事が出来るので旬のお店などを紹介すると女性にはたくさん美味しい料理を知っている人だと好感度が上がります。

一見、料理人やシェフなどは無口で怖そうだと思われる事もあります。飲食の世界は上下関係が厳しい所があり、見習いから始めた所に居続けると自然と自分自身もまた見習い修行の後輩に教えなければいけないからです。しかし女性にはたまに見せる笑顔やデートの時などの違った印象を見せるとそのギャップに惹かれます。

また、休みの日は一緒に料理を作ったりするなど、同じ工程を一緒にしていく事で相手の性格もわかりますし、将来どんな風に過ごしたいかが見えてきます。繊細さや芸術性も必要な料理人やパティシエだからこそ、女性も繊細な生き物として扱えると婚活も成功するでしょう。

<成功体験談>

私は、パティシエになって長年の修業を積み、先日イタリアンのお店と合わさったお店をオープンする事が出来ました。料理の一環として作っている所も楽しんでもらおうとオープンキッチンにしました。これがすごく良く美味しそうな表情をその場で見られるので作っているこちらも反応がすぐさま分かるのです。

しかし、お店自体は男性のシェフやパティシエのみ。恋愛がしたくても出会いがなかったのです。お店に来る女性は黙々と仕事をした私達が職人的な感じで見られるので、話し掛けられる事もありませんでした。
そんな時に見つけたのが、料理婚活パーティー。甘い物を作るのも好きですが、料理を作るのも大好きな私なので、すぐさま参加する事にしました。料理婚活パーティーなので作りながら自然と会話が出来るのも女性に慣れていない私には楽でした。

その中で一人の女性と意気投合したのですが、彼女は作るより食べる事が好きで美味しいお店に連れていくとこちらが嬉しくなるくらい喜んで食べてくれたのです。そんな彼女の表情に惹かれ今では彼女のために作ったケーキもあります。彼女へ美味しい物を作るために頑張ってきたのだと思うくらい今ではこの出会いに感謝しています。
彼女が仕事で疲れている時でも美味しい物を作ってあげると喜ぶ顔を見られるので僕も料理の腕がどんどん上がっている気がします。
(36歳 パティシエ)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

飲食関係で作る側の人になると、良い意味でも悪い意味でも職人気質になります。
そのため彼女が出来て料理を作ってもらっても、見習いや後輩のように小言を言ってしまう方がいます。料理は味や盛り付けも必要ですが、作ってあげる愛情が一番です。作ってもらったら素直に「ありがとう」と言い、もし味付けを変えたいと思ったらアドバイスとして「こういう風にすると美味しくなるよ」など作る側の気持ちを考えるよう心がけましょう。

また、仕事に集中してしまうと彼女の存在も忘れがちになります。仕事も大事ですが、まず一番近くにいる人を喜ばせる事をしないとたくさんの人を笑顔には出来ません。仕事が忙しい時こそ、支えてもらっている自覚を持ちましょう。相手の女性も仕事が忙しい場合、お互いに寄り添っていかないと恋愛は上手くいきません。

自分に出来る事は何かを考え、彼女が休みの日は料理を作ってあげたりするなど少しの気遣いを持つと信頼関係も深まります。料理と一緒で少しの手間で格段に将来も変わっていく事を考えておきましょう。

<失敗体験談>

僕は、長年付き合ってきた彼女がいました。
趣味も合うし僕の仕事も理解してくれていたのです。しかし年齢を重ねて行くと任される仕事も多くなり、仕事に精を出していたら彼女とデートする日も彼女そっちのけで仕事をしていたのです。その時は優しい彼女に甘えてしまっていたようです。初めは彼女も予定を作ってくれていたのに、それをいつも断ってしまう事が続き、普段は温厚な彼女が怒って連絡をくれなくなったのです。またそのうち連絡がくるだろうと待っていたら、いつまで待っても連絡が来ずやっと会えた時には「好きな人が出来た」と言われました。

理由は僕が仕事ばかりで、我慢する事に疲れ、このまま付き合っても自分が寄り添うばかりになるのではないかと思ったそうです。仕事に没頭するあまり大事な人を不満な気持ちにさせて今ではほんとに申し訳ないと思っています。次に彼女になる人は長くなっても傲慢にならないようにしないといけないなと感じました。
付き合いが長くなっても信頼はお互いが積み合わせて寄り添っていかないといけないですね。
(29歳 飲食業)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

料理を仕事とする飲食関係の方は、職人肌で自分の世界観があり芸術性にも増しています。
人間の三大欲求の中に食欲がありますが、それを美味しい物で満たそうという現実性もあります。またいずれは自分のお店を持ちたいという気持ちから、恋愛や結婚よりも先に仕事を専念してしまう部分があります。向上心が強い男性が多いので、仕事をまず優先して安定したら結婚をと考える方が多く、年齢を重ねて行くといつの間にか周りには自分しかいなくなっていると聞きます。

仕事も大事ですが、彼女や妻がいるとその人のために頑張ろうという気持ちも出てきます。新しい料理を考えたらすぐさま試食をしてもらうなど、初めのお客様として意見や感想などを気負いなく聞ける仲でもあります。恋愛をしているとそれも一つのスパイスとして料理に関連させる事が出来るのではないでしょうか。

「料理上手な奥様がいると真っ直ぐ家に帰る」と家庭を持った男性が言うように、仕事を持った女性も増えてきているので逆に料理が出来る自分が作ってあげると非常に喜ばれるでしょう。人間誰でも自分のために作ってもらうご飯はすごく嬉しい物です。大切な誰かに作ってあげたいと思う人が出来たら仕事にも影響し、たくさんの人を幸せな気持ちにさせます。まずは身近な人を幸せにする事を考えましょう。

料理や職人のお仕事に就いている人は、一つの物事に集中するタイプです。そのため仕事とプライベートのONとOFFがはっきりしている方が多く、仕事でしか見せない顔も女性にとっては惹かれる物です。自分の事をもっと知ってもらいたいと思う時は、お店に連れてきて仕事場を見せるなど女性にとっても自分にとってもプラスになる場所を作りましょう。仕事では真面目な顔をしていてもデートの時などははしゃぐなど違った一面を見せるとまたそれも2人の仲を深めます。

たくさんの恋愛をしてたくさんの女性と合うといろんな考えを持った女性がいると分かります。
料理も一つ一つの工程があるように、女性も一つ一つ違う表情や気持ちがあると知れるいい機会になるでしょう。
まずは出会いを作る機会として、自分に合った婚活パーティーに参加して将来に繋がる女性を見つける事を始めましょう。素敵な出会いがあれば自然と気持ちが料理に現れます。いい恋愛をしてたくさんの人を幸せにしてあげましょう。

ページトップ