株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 クリエイティブ関連の職業【for MEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 クリエイティブ関連の職業【for MEN】|エクシオ

3月のカップル数
16,576
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 クリエイティブ関連の職業【for MEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
クリエイティブ関連の職業向けの婚活

私たちが普段目にしている新聞広告やテレビから流れてくる音楽、手にする食器などを作っているクリエイティブ関連の職業。自分が考えたものが世に出たときの達成感や、それを人に喜んでもらえたときの嬉しさはひとしおです。依頼された仕事をそのままこなすだけでなく、自分なりのアイデアを盛り込んでお相手の期待以上の仕事をすることにやりがいを感じ、一生の仕事として続ける方が多いのもクリエイティブ関連の職業に就く男性の特長です。

会社に所属する働き方だけでなく、自分で事務所を立ち上げて個人で仕事をしている方も多く見られます。会社に所属して正社員として働く場合でも、いわゆる一般企業とは異なり勤務時間や休日が不規則になってしまうことも多々あります。婚活をしている女性は安定を条件として結婚相手を探そうと思っている場合も多いので、仕事の時間が不規則な場合にはデメリットとしてお相手に捉えられてしまうことも少なくありません。

「新しいものを作り出す」クリエイティブな仕事というのはその業界に携わったことがない方にとってはなかなか理解しがたい部分もあるものですから、婚活をする場合にはお相手の女性に仕事内容や仕事に対する姿勢などを伝えてしっかり理解してもらうことが重要になってきます。

【POINT1】クリエイティブ関連の職業向けの婚活方法

クリエイティブ関連の職業というとデザイナーやサウンドエンジニア、アートディレクターなど多種多様な職業が挙げられます。そのさまざまな職業に就いている男性すべてに共通しているのは「仕事上での出会いは多い」ということ。
例えばデザイナーの男性の場合、美容雑誌のページを作る仕事があれば美容師・モデル・カメラマン・ライター・雑誌編集者といった人々と関わり、打ち合わせから最終的な仕上げまでコミュニケーションをとっていくことになるはずです。仕事をこなしていくうちに横のつながりが増えるクリエイティブ関連の職業の男性は出会いの数自体は多いのですが、それを婚活パーティーに生かせるかどうかはその人次第です。
仕事の出会いはあくまで仕事だと割り切っているもしくは現状の出会いでは期待出来ない、ここではそんな新しく出会いを求めるクリエイティブ関連の職業に就く男性に合った婚活をご紹介します。

<結婚相談所>

婚活というと一番に思いつくのが結婚相談所ですが、クリエイティブな仕事をしている男性にとっては普段の仕事では関わることのない女性と巡り会う大きなチャンスでもあります。会社員や看護師、公務員といったさまざまな職業の女性が結婚相手を探して結婚相談所に登録しています。

結婚相談所の最大のメリットはお互いのプロフィールをじっくり見てお相手を選んでからお見合いを行うことが出来ますので、年齢や職業・結婚観などに条件がある男性には特におすすめの婚活です。「結婚したら家庭に入ってほしい」「仕事の時間が不規則でも支えてほしい」といった、初対面の女性に直接聞くのは少し躊躇するような条件も、専任のアドバイザーのカウンセリングを受けることで希望に近い女性を紹介してもらうことが出来ます。

<婚活パーティー、合コン>

気軽に新しい出会いを見つけたいときには婚活パーティーや合コンがぴったりです。飲み会のような楽しい雰囲気の合コンも、今では将来をまじめに考える大人のための婚活方法として定着してきました。婚活パーティーでは一度に多くの女性と話すことが出来るため、短時間で多くの女性と出会いたい、という方に向いています。

合コンも婚活パーティーも会話でのコミュニケーションを図ることが第一です。自分のことをお相手にアピールするのはもちろん、女性のお話を引き出してあげることも重要になります。とくに婚活パーティーの場合は最初に一人ひとりと話せる時間は短いため、好印象を持ってもらうことが大切です。自分の一番のアピールポイントを伝え、笑顔でお相手の会話をよく聞いて「話しやすい方だ」と思ってもらえるように意識しましょう。二人きりでお話しするチャンスを得ることが出来たらお相手が興味を持つような仕事のお話を織り交ぜるのもいいでしょう。

<異業種交流会>

大人の社会人の社交場としても人気の異業種交流会。自分とは違う環境で働く方と関わることで刺激を受けることにより、また新鮮な気持ちで仕事に取り組むことが出来ます。人脈を拡げるために参加する方も多い異業種交流会ですが、最近では婚活の場としても活用されるようになってきています。

仕事にまじめに取り組む姿勢というのは男性でも女性でも素敵なものです。「何かに打ち込んでいる女性が好き」という男性に向いている婚活です。
また、クリエイティブ関連の職業に就く男性はその仕事が本当に好きで仕事としている場合が多いため、仕事のお話をしているときは普段以上に魅力的に女性の目に映ります。今の仕事に誇りを持って取り組んでいる男性のための婚活といえるでしょう。

<婚活サイト>

クリエイティブ関連の職業というと一般的には華やかなイメージを持たれがちですが、職業によってはパソコンに向かって一人で作業する時間が多かったり、電話以外には人と話す機会があまりなかったりという場合もあります。締め切りがある仕事をしているときや、頭の中のイメージを膨らませて形にしなければいけないときなど、自分と向き合う時間が多くなるのもこのクリエイティブな職業の特徴です。一人の時間が多く、時間も不規則になりがちな男性におすすめなのが婚活サイトです。

婚活に特化したサイトで出会いを探すことはちょっとした空き時間を有効に使う意味でも、休憩時間の息抜きに女性とコミュニケーションを取るといった意味でも有用と言えます。婚活サイトではプロフィール登録から始まり、メールでの会話がメインになります。メールの文章だけでお互いの印象が決まるわけですから、普段よりも言葉遣いには気を遣うようにしたいものです。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

新しいものを作り出すクリエイティブな職業に就く男性は女性から見てもかっこいいものです。全く違う仕事に就く女性にとってはなおさら、新鮮でおしゃれな印象を持たれることも少なくありません。実際にはコツコツと地道な作業も多いクリエイティブ業ですが、一般的に良いイメージを持たれているというのは婚活としては大きな利点と言えます。ただそれはあまり男性の仕事を理解していないから。

良いイメージを保とうとするばかりに自分の職業のいい面だけをお相手に伝えるのでなく、仕事が入れば勤務時間が不定期になることや、デート中にも仕事関係の連絡が入るかもしれないことなどを前もって伝えておきましょう。生涯を通して支え合うお相手を見つけるのが婚活です。お互い幸せだと感じられるお相手に巡り会うためには、変にかっこつけたりせずに自分のことを正直に伝えて理解を得ることが必要です。

<成功体験談>

ウェブデザイナーとして独立し、自分の事務所を構えて4年になります。一人で仕事をする時間が増えると途端に寂しくなるもので、仕事でも一人、家に帰っても一人という生活に孤独を感じるようになっていました。周りはもうすでに結婚して子供が何人もいる友達が多かったので、ようやく自分もそろそろ……と重い腰を動かして婚活を始めました。婚活として色々な女性と話してみてわかったのが、デザイナーの職業と関わりのない生活をしている女性にとってはウェブデザイナーという仕事がどういったものか全く知られていないということです。それまでは同じような業界で働く人とばかりと関わっていたので意外でしたし、新鮮でした。

婚活ではまず自分の仕事がどういったものかを相手に理解してもらうように努めていました。そしてある日に参加した婚活パーティーで知り合った女性と今お付き合いをしています。彼女の仕事は看護師です。私は決まった勤務時間以外にも仕事に時間を割くこともしょっちゅうですし、打ち合わせが延びて帰りが遅くなってしまうこともあります。あらかじめそういった可能性があることを彼女に伝えておくことや、なるべく連絡をこまめにすることで不安を取り除けているようです。多くの人と関わる仕事でありながら、実は狭い範囲でしか行動していないデザイナーにとって婚活で大事なのは、自分の仕事の環境について相手からの理解を得ることだと思っています。
(37歳 ウェブデザイナー)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

一般的にクリエイティブ関連の職業に就く方は理系脳で仕事に没頭すると周りが見えなくなり、出世よりもやりがいを求める傾向にあると言われています。自分の努力が形になった瞬間の喜びというのはこの職業ならではないでしょうか。その感動からさらに仕事に夢中になり、気がつくと恋愛も結婚もチャンスを逃してしまっていた……という方も多くいます。
20代のうちに結婚するか、自分で満足する仕事が出来るようになり余裕を持てるようになったころに結婚するか、初婚の年齢の二極化もこの職業の特徴です。結婚を意識するようになったときには積極的に出会いの場に参加するようにしましょう。

自分の仕事に自信を持っている男性はとても魅力的なものです。ただあまり仕事に夢中になりすぎている姿というのは女性にはあまり歓迎されません。結婚後には家庭を顧みずに仕事が第一になってしまうのではないかという不安を抱かせるためです。
婚活の場で女性に自己アピールをする際には、仕事に対する情熱を伝えるだけでなく、幸せな家庭を築きたいという思いも忘れずに表現するようにしましょう。

<失敗体験談>

中学に上がったときに祖父から買ってもらったカメラを手にして以来、将来はカメラマンになるんだと確信してずっと写真を撮ってきました。夢が叶った今はファッション誌や広告の撮影の声がかかることもあり、とても充実した毎日を送っています。ただ年齢的にもそろそろ結婚を考えたいと思い婚活を始めてみたのですが、「おもしろい人だ」と言われることは多くてもなかなか恋愛には結びつかないんです。

付き合いの長い女友達に聞いてみると、「仕事の話をしているときは本当に楽しそうだしイキイキしていて魅力的だけど、その分一人でも生きていけそうな雰囲気があるんだよね」と言われました。たしかに毎日の仕事はやりがいもあり楽しく、彼女がほしいとは思うものの寂しさや焦りというものはそんなにありません。それが表に出てしまっているのか、女性にとってはあまり家庭を重視しないような印象を与えてしまっていたようでした。
(34歳 カメラマン)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

自分の頭の中にあるものを、技術を使って具現化して世に送り出すクリエイティブな職業。この職に就く男性は自分の仕事に誇りを持つストイックな方が多いとされています。自分に厳しく向上心も強い反面、周りのことが見えなくなってしまい自分の世界を狭めてしまっている部分もあります。本を読んだりトレーニングを積んだりといった努力は得意なのですが、人との出会いから何かを得るといったことは苦手とする男性も少なくありません。

結婚を意識する場合にはまずは女性との出会いが第一となります。話題が豊富なクリエイティブ関連の職業の男性ですが、お相手のペースに合わせるということを忘れてはいけません。普段仕事で接している同じ業界の方と話すように女性と話すのではなく、仕事はあくまで自分を作っている一部だと理解して距離を縮めていくことが重要です。世界を広げるために新たな趣味を作るのもいいでしょう。近年ではトレッキングやフットサルなどのスポーツ系のサークルに入るクリエイターも増えてきました。いつもの職場環境から離れた場所に行くことでリフレッシュも出来ますし、自分の置かれている立場や周りの方との接し方もわかってくるはずです。

この職に就く男性が一般の企業と大きく異なる点は日によって、仕事内容によって勤務体系が全く変わってくるというところです。締め切りや期日などの前には忙しすぎて休憩もままならず、帰宅出来ないという場合もあるでしょう。そういった面を理解し、お互いを支えることの出来る女性を探すことが婚活で幸せを見つける一番のカギになります。

ページトップ