株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! 職業別 コンピューター関連の職業【for MEN】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! 職業別 コンピューター関連の職業【for MEN】|エクシオ
6月のカップル数
16,324
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
職業別 コンピューター関連の職業【for MEN】

婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル

職業別婚活マニュアル
コンピューター関連の職業向けの婚活

注目を浴びるようになって久しいコンピューター関連の男性は近年とても人気があり、婚活の場で女性が積極的に話を聞いてくれることも多いので、とても有利な環境にあります。華やかな企画の分野だけでなく、プログラマーやSEの仕事も、機械類が苦手な女性から憧れの対象となります。

コンピューター関連の男性に共通していえる特徴は、ひとつのことにのめり込みやすく、とことん追求してしまう性質ですが、これが良くも悪くも婚活での結果を左右します。婚活でも早く結果を出そうとするので、1人の女性とじっくりお付き合いするというよりも、色々な場に出て、多くの方法を試し、その結果を検証して次につなげようと試みます。その研究心自体は悪くないのですが、たくさん労力を割いた割には何も残らないという結果にならないように注意が必要です。

一方で、世間での派手なイメージとは裏腹に、真面目な努力家が多いのもコンピューター関連の男性です。この長所を十分にアピールし、素敵な出会いにつなげていきましょう。

【POINT1】コンピューター関連の職業向けの婚活方法

比較的女性から人気のある職業なので、どこに出かけても歓迎されることが多いでしょう。年収に自信があれば結婚相談所が一番お勧めですが、技術職などであまり年収が見込めない方は、合コンやお見合いパーティーなど、カジュアルな出会いの場が向いています。しかしながら万人に受けるようなトークが苦手なコンピューター関連の男性も多いので、まずはいろいろな場に出向き、自分の得意不得意を見極めた上で、向いている婚活方法を選択していきましょう。トークが苦手な人は、テレビのバラエティ番組などで、流行りの切り替えし文句などを覚え、友人同士の会話などで慣れておくのも良いでしょう。セミナーに出かけ、話し方や女性の心理などを勉強しておくのもお勧めです。

<お見合い>

名の知れた有名企業にお勤めの方は、お見合いがお勧めです。携帯電話やSNSなど、話題性の高い会社は、女性から羨望の目で見られることが多く、お見合いを申し込まれる率も高くなりますが、会社名、年収、学歴などの条件から切り込んでいくお見合いでは、実際の仕事の出来、不出来よりも、周囲に自慢出来る条件を持っているかどうかの方が重要視され、女性の目を引きます。コンピューター関連の現場では、仕事が出来るかどうかが全てですが、そちらは正当に評価されないという場合も大いにありえます。たとえば大学中退などもお見合いではマイナス要素となります。条件などよりも、仕事自体に自信を持っている方は、友人知人からの紹介の方が良い出会いがあるかもしれません。

<お見合いパーティー>

お見合いパーティーに参加するコンピューター関連の男性は比較的多いのですが、女性の間ではコンピューター関連であればすべて一緒とみなされている傾向があります。細かな仕事内容などを、下知識のない女性に伝えるのはなかなか難しい事ではありますが、とくに自分が得意としている分野、活躍していることなどについては、積極的にアピールした方がよいでしょう。しかしながら、女性は褒めることが得意なので、あまり調子に乗りすぎると、笑顔とは裏腹に内心では呆れられているということもありえます。そのあたりは、お相手の様子を細かに観察しながら、程良く爽やかなアピールに努めましょう。

お見合いパーティーでは、1、2分という短時間でのアピール力が求められます。その間に相手の話をしっかり聞き出す質問力も必要です。始めのうちはパーティーを通して女性に質問をする項目が共通でも構わないので、相手の女性が思わず話したいと思ってしまうような極上の質問をいくつか用意しておきましょう。お見合いパーティーに慣れてきたら、相手によって質問を変えるのが効果的です。

<個室の婚活パーティー>

エンターテイメント関連の職業に就いている方にとってプライバシーを重視されている方も多く見られます。婚活パーティーでのご利用も多くのエンターテイメント関連の方にご利用頂いておりますが、中でも個室で行われる婚活パーティーも注目されています。結婚相談所のように1対1でのお見合い形式となりますが、1度の婚活パーティーで複数の方とゆっくりコミュニケーションがとれるため、周りの方を気にせずお話に集中が出来ます。

また、後日気になるお相手の方へ、スタッフを介して連絡をとるアフターフォローも行っておりますのでその場でカップルになれなかった場合でも再度アプローチする事も可能です。個室の婚活パーティーで行われたカップル成立は25%と高く、フリータイムが苦手な方にもご愛用頂いております。

<異業種交流会>

普段パソコンとばかり向かい合っている職種の方の場合、終始フリーの異業種交流会は苦手と感じられるかもしれません。しかし会話も慣れに大きく左右されるので、一度の参加で諦めることなく、複数回参加して流れを把握するのが良いでしょう。一度興味を持たれた話の内容なら、自信をもって話すことが出来ます。何度も話すうちにトークの質も向上していくので、練習の場として大いに活用していきましょう。

<お見合いバスツアー>

短時間での会話はテクニックが必要ですが、お見合いバスツアーなら一人ひとりとじっくり話す時間が取れます。とくにコンピューター関連の仕事は、短時間で説明するのが難しいことが多いので、ゆっくり時間が取れるお見合いバスツアーはとてもお勧めです。

<仕事関係・友人知人>

パソコンと向き合う時間が長い方の場合、友人知人の紹介を得るのは困難かもしれません。また知人からの紹介のデメリットとして、プライバシーがほかに流れやすいということがいえますが、コンピューター関連の仕事をされている場合、横のつながりやコミュニケーションは一般の仕事ほど密ではないので、もし顔の広い知人が身近にいる場合は、頼んでみるのも良いでしょう。

【POINT2】婚活に成功するタイプ

物事にしっかり取り組み、一つひとつ成し遂げていくのが得意なコンピューター関連業界の男性は、出会いさえあれば確実にゴールへと結び付けていくことが出来ます。まずは自分のタイプをきちんと見極め、性格に合った方法でアプローチを試みていくことが大事です。

また一度の失敗で挫折してしまうような優等生タイプより、何度でもトライアンドエラーを繰り返していけるタイプの方が成功しやすいといえます。婚活は大学受験などと違って、一度きりあるいは1年に一度のチャンスなどではなく、何度でも挑戦出来るものです。それだけにチャンスの幅が広いということもいえますが、逆にいえば見切りをつけなければいつまでもズルズルといってしまいがちということでもあります。この人という人が現れた時は、出来る限りのエネルギーを注ぎましょう。

また一方で、もしかしたらダメかもしれない…というときも、簡単には諦めない気持ちが大事です。コンピューター関連の男性は真面目で一生懸命ではありますが、一般に貪欲さに欠けているところがあるので、時にはあえて空気を読まないといった少々の強引さも必要です。いずれにせよスタートでのダッシュと、見切りをつけるべき時の潔さがあれば、必ず出会いを実りあるものにすることが出来ます。

<成功体験談>

僕らの世代はコンピューター関係の仕事というだけで、女性からはオタクっぽいという先入観を持って見られていたものですが、ITブームは僕らの婚活も後押ししてくれました。運動不足で体も太め、見るからにモテるタイプからは程遠い僕なのですが、お見合いパーティーでカップルになることが出来ました。

その日はあまりの嬉しさに、エレベーターが降りる時間さえ、まどろっこしく感じられたほどです。エレベーターが1階に着き、カップルになった彼女の姿を見つけた時の感激は今でも忘れられません。それからは毎日が夢を見ているようでした。仕事こそきちんとやり遂げていましたが、彼女に会っているときも会っていない時も、地に足がついていないような状況でした。

付き合って一ヶ月ぐらいしたころ、僕のどんなところが良かったのか聞いてみたのところ、彼女は「真面目なところと安心感があるところ」と言ってくれました。どうやら結婚するには重要な要素らしいです。
今ではそんな彼女も2児のママになり、いつでも僕の傍らにいてくれます。こんな僕にきっかけを与えてくれたお見合いパーティーに感謝です。
(SE 40代男性)

【POINT3】婚活に失敗するタイプ

経済観念がしっかりしすぎているため、婚活にも費用対効果を求めてしまう傾向があります。婚活を成功させるためにはある程度の投資も必要なので、あまりお金をかけずに最大限の効果を得ることばかりに必死になってしまうと、せっかくの出会いを逃してしまうことになりかねません。お金をかければかけるほどいい出会いがあるということではありませんが、婚活を成功させるためにはある程度の幅が必要です。上限は、お相手の女性のタイプを見極めながら、緩やかに決めておきましょう。

また、控えめすぎるタイプはあまり良くありません。相手の気持ちを読むのが上手で、角に押すことがないコンピューター関連の男性ですが、ここぞという時に少々の強引さを発揮すると、いい意味でギャップとなってプラスに働きます。
仕事熱心すぎる男性や、深夜に及ぶ業務が普通になっているなど、忙しすぎる男性も注意が必要です。仕事に一生懸命なのは良いことですが、お相手の女性を二の次にしてしまうような態度は慎みましょう。

<失敗体験談>

アパレルの販売をやっているという彼女と出会ったのは、なにげなく出掛けた週末のお見合いパーティーでした。そのときはカップルになることが出来ず、アプローチカードは何枚かもらっていましたが、ほかの人の印象と紛れてしまっていたので、気にはなっていたものの自分から連絡することはありませんでした。彼女から申し込まれたアフターフォローの連絡が来たのは、パーティーが終わって2週間が経った頃です。

彼女はいつもデートの計画を立ててくれて、おいしいレストランや、話題の映画を調べるのも上手でした。彼女に任せておけば間違いないので、会うペースも自然と彼女任せになっていきました。もちろん彼女も自分のペースで進められるほうがいいに決まっていると思っていたし、楽しんでいるはずだと思い込んでいました。

僕たちが2人きりで会うようになって2カ月後、彼女から唐突に「ほかに気になる人が出来た」というメールが来ました。僕は信じられませんでした。その1週間前にも彼女が計画してくれたデートで、ショッピングを楽しんだばかりだったからです。
申し込んできたのも彼女からなら、別れも彼女から。自分から申し込んでおきながら、女ってなんて勝手なんだろうと思います。結局僕は、お財布として便利に使われただけだったのかな…と、ちょっと自暴自棄になってしまう今日この頃です。(プログラマー 20代男性)

婚活アドバイス

婚活アドバイス

自分の思い通りに操れるコンピューターと違い、女性はあまりにも千差万別で、扱いが難しいと感じられるかもしれません。しかしながらほぼ誰にでもあてはまるというベースの部分が必ず存在します。始めは手探りかもしれませんが、相手が喜ぶことは何かを考えつつ、自然と行動に移せるようになると婚活は必ず成功します。

忙しすぎる方が婚活に失敗する理由は大きく分けて2つあります。一つは出会いがないこと。もう一つは付き合ってからのフォローが足りないことです。とくに男性は付き合い始めると安心してしまい、フォローが足りなくなる傾向にあるので注意が必要です。

たとえお付き合いが始まっても、相手の女性は自分の所有物ではありません。どんなに束縛しても、相手の心まで束縛することは出来ないのです。結婚するまでは、自分もほかの男性も、同じラインに立っていると考えたほうが良いでしょう。

自分の思いがしっかりお相手に伝わっていれば、女性は忙しすぎる男性を察し、ほかの人に目移りすることなく我慢してくれるものです。むしろ忙しすぎる男性を気遣い、誇りに思う女性がほとんどです。無理に会う時間を作るより、自分の立場をきちんと理解してもらうよう努めることが大事です。 出会いの場が足りない方は、婚活している女性が集まる場に積極的にでかけ、きっかけ作りをしましょう。その場でカップルになることを目指すより、どんな女性とでも話が弾むだけの会話力を身につけておくと、後々役立ちます。とくにお見合いパーティーでは、どんな外見にすると女性からの支持が得られるか、どんな会話がふさわしいのか、などが直観的に分かるのでお勧めです。

フリータイムを上手に活用出来ないという人は、自分から切り込んでいく積極性も必要です。相手の方から来てほしいという気持ちは理解出来ますが、それは相手の女性も同じです。女性はどんな場面でも、やはり男性から積極的にリードしてほしいという願望を常に持っているものです。たとえ始まりは女性の方からだったとしても、お付き合いの中盤以降は、一歩リードしてあげるだけの心遣いが必要です。

ページトップ