株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! あなたは好かれる派?嫌われる派?【40代以上:女性】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! あなたは好かれる派?嫌われる派?【40代以上:女性】|エクシオ

3月のカップル数
16,576
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
あなたは好かれる派?嫌われる派?【40代以上:女性】

婚活マニュアル

年代別 あなたは好かれる派?嫌われる派?

年齢差の婚活マニュアル
40代以上の女性の婚活
20歳代男性の婚活

あなたは人から嫌われるのと好かれるのとでは、どちらが良いですか?
もちろん答えは決まっていると思います。
でも女性も40代ともなると「別に嫌われてもいいから自分の思い通りに生きたい」。
なんていう気持ちが沸いてきているのではないでしょうか。
もちろん全ての人に好かれることなんて出来ないことは今までの人生で理解していると思います。
でも嫌われても全然平気!なんて言うのは、実はもったいない。不幸を自慢しているようなものです。
出逢いは奇跡。出逢って少しでも関わる人には、嫌われるよりも好かれるほうが得です。

好かれる派Case1『相手の趣味に興味を持つ』
(交際3ヶ月)

私はこの年にもなって、いまだに男性と話すことがあまり得意ではありません。 婚活パーティーに参加すると、昨日見たドラマの話題から、今流行のイタリアンの話、さっき乗ってきた電車に乗っていた時に見た面白い人の話、相手の髪形についてまで、何でも楽しそうに話している女性を見るといつも羨ましいなぁと感じています。 でも最近気付いたのですが、相手の男性の趣味の話をすると、自分から話さなくても会話が盛り上がるということです。 それからは話題に困った時には、相手の趣味や休日何をしているかなどを、思い切って聞き、何故かリラックスして会話が出来るようになりました。
(45歳・女性)

ポイント
婚活パーティーに限らず、人に好かれる条件の中の大きな項目として「相手に関心を持つ」と言うことがあります。
人は自分に興味や関心を持ってくれる人を好みます。まして、男性が女性に関心を持ってくれるともなると、かなり嬉しい事のようです。是非これからも続けてみて下さい。そして本当にすごいと思った時には「心から褒める」ことが出来ればもっとうまくいくことでしょう。

好かれる派Case2『謙虚な心を持つ』
(交際3ヶ月)

私は自分で言うのも何ですが、歳よりも若く見られたり、同年齢の知人たちよりも綺麗なほうだと思います。その為、ナンパされたり、婚活パーティーでも素敵な男性と話が盛り上がったりするのですが、カップル成立ともなると何故か上手くいきませんでした。
でもある時、モデルさん並みに綺麗な人がいて、めちゃめちゃ人気なんだろうなぁと思い、様子を見ていたら意外と男性の反応がそっけない。逆にその女性の隣にいる平凡な感じの女性の方が人気があり、初めて気付きました。
男性は綺麗でも横柄な態度をとる女性よりも、ニコニコ笑顔を絶やさないような女性を求めているんだということ。それからは常に何かをしてもらったら「有難 い」「お陰様で」という感謝の気持ちを常に持つような言動をとることにしてから、男性の反応も違ってきたような気がしています。
(42歳・女性)

ポイント
とても良いことを発見しましたね。高飛車な態度が好きな男性も確かにいますが、ほとんどの男性が結婚相手に求めるのは優しくて穏やかな女性です。あなたのように普段の生活から意識を変えているのが大切ですね。
謙虚な気持ちは言動だけではなく、表情や目線までもが変わってきます。男性だけでなく女性からも好かれる要因の一つのようです。

嫌われる派Case1『自分の足りないところを親のせいにする』

私は20代の頃は会社の寮で暮らしていましたが、30代の頃から実家に戻り、両親と弟夫婦と暮らしています。食事はもちろん、洗濯や掃除など全て母親がやってくれます。そのため家事が全く出来ません。
結婚した私の友人たちに聞くと、母親が料理のやり方を教えてくれたり、洗濯機の使い方やアイロンのかけ方まで教えてくれたそうです。
婚活パーティーで料理などの話題になって「出来ない」話をすると、一瞬男性の顔が曇るような気がします。そのため最近は、家事が出来ない事は隠しておいた 方が良いと思い話題を避けるのですが、どうしても料理の話題などにつながり、婚活の場では家事が出来ない=人格否定されてしまう気がしてしまうので、どう して教えてくれなかったのかと母を恨んでしまいます。
(42歳・女性)

ポイント
家事が出来ない事よりも、お母様のせいにしてしまっている方が気になります。
母親が教えてくれなかったから私は何も出来ません、という言動をしてしまっているのでは、結婚相手としては見られないかと思います。
まず家事が出来ないというのは婚活に於いて大きなマイナス部分です。何も出来ないなら結婚は難しいかもしれません。ただ人には得意、不得意があります。
100歩譲って、出来ないのなら出来るように努力はしているのでしょうか。家事は生活の基盤です。そこから人生の喜び、楽しさが生まれます。
たいへん失礼な話かもしれませんが、40歳を過ぎるまで、家事に取り組む、練習する機会が無いということに対して、人は疑問を持ちます。
今日からでも今からでもとにかく料理でも掃除でも良いので自分でやってみて下さい。案外面白く、また上手なのかもしれません。そしてそんな努力をしている部分を可愛いと感じてくれる男性がいるでしょう。

嫌われる派Case2『年収・学歴が気になる』

最近私の周りで離婚が増えています。聞くと、「生活の不一致」とか、「浮気」など理由は様々ですが、逆に離婚をしない友達に「何でうまくいっているのか」と聞くと、別に仲が良いからということではなくて、経済的に別れない方が得だからということが多いようです。
私も結婚したら離婚はしたく無いので、婚活パーティーでは相手の収入がとても気になります。
いきなり年収を聞くのは失礼かと思うので、どんな仕事をしているのか詳しく聞いたり、最終学歴や実家の状況などから探っていくのですが、なかなか話してくれる方がいません。どうしたら相手から年収や資産を聞き出すことが出来るのでしょうか。
(44歳・女性)

ポイント
あなたのように婚活パーティーでいきなり、相手に年収や学歴などを聞く女性がいますが、男性から見ると条件重視に思われて嫌がる人が多いようです。 もちろん結婚相手を見つけに来ているので、相手の学歴や年収、家族のことなども知りたいところですが、初対面で話すにはデリケートな話題です。止めておいた方が無難です。 ただ「年収○○万円以上」「公務員限定」などの婚活パーティーもあるので、こういったパーティーに参加してみるのがおすすめです。男性もあえてアピールしている部分でもあるので、話は早いようです。 でもくれぐれも、そんな条件ばかりの話題にならないように気を付けることも大切です。

ページトップ