株式会社エクシオジャパン エクシオは、日本最大級の全国47都道府県で婚活パーティー・お見合いパーティーを毎日開催中! あなたは好かれる派?嫌われる派?【20代:男性】|婚活パーティー・お見合いパーティーのエクシオ! あなたは好かれる派?嫌われる派?【20代:男性】|エクシオ

3月のカップル数
16,576
9年連続 婚活パーティー参加者数 No.1
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ050-5531-9451
オンライン予約ならカード支払いが可能
メニュー
あなたは好かれる派?嫌われる派?【20代:男性】

婚活マニュアル

年代別 あなたは好かれる派?嫌われる派?

年齢差の婚活マニュアル
20代男性の婚活
20歳代男性の婚活

自分がモテない理由はイケメンじゃないから、と決めつけていませんか?
モテない理由は、決して外見ではありません。モテない真の理由は内面にあるのです。
同性に好かれなければ、異性にも好かれません。
ここでは、好かれる男性と嫌われる男性の特徴をご紹介します。
ぜひ、婚活に役立ててみて下さい。

好かれる派Case1『リーダー的要素がある』
(交際3ヶ月)

子どもの頃、勉強が出来るというよりもスポーツが出来て、クラスの中心的だった男の子がモテていた、そんな記憶がありませんか?
そして、人脈や顔が広く、存在感を持つ人は、特別イケメンではないのに彼女が途切れないという人、周りにいませんか?
それはなぜでしょう。
女性は本来、男性に引っ張ってもらいたいという願望が少なからずあるものです。そして、堂々としていてリードしてくれる男性に魅力を感じています。
また、場の雰囲気を盛り上げるタイプの男性も女性に好かれる傾向があるようです。場の雰囲気を壊すことなく、盛り上げることが出来る男性が女性から好かれる、また婚活を成功させる第一歩といえるのです。

好かれる派Case2『周囲の人間に対する気遣いが出来る』
(交際3ヶ月)

婚活においてもそうですが、女性が男性をチェックする際、清潔感があるというのはもちろんですが、その男性を「信頼出来る男」であるか判断する基準を知っておくことも大切です。 女性は自分に対する仕草や態度、行動だけを見ているのではなく、他人に対するあなたの行動もチェックしている事を理解しましょう。 例えば、綺麗ではない女友達には冷たいのに、いわゆる美人の女友達と接する際、あからさまに褒めたり煽てたりゴマスリしたりと態度を変える行為は最も嫌われます。 また、会社であれば、部下や後輩には横柄な態度なのに、上司や先輩には腰が低いというのもNGなパターンです。 では、どのような態度が好かれるのでしょう。 それは、分け隔てなく親切にすることです。 例えば、電車やバスでお年寄りに進んで席を譲る、これは恥ずかしい!なんていう言葉もよく聞きますが、こういった行動も女性はよくみています。弱者へ配慮出来る男性は好印象なのです。 ではなぜ、このような行動が好印象なのでしょうか。 それは、弱者と呼ばれる中には、実は女性も含まれているので、自分にどう接せるのかという判断基準になるのです。 まず相手の気持ちを察し空気を読んで行動する男性は、だれからも好かれていませんか?「相手を喜ばせたい」「何か手助けをしたい」という気持ちを持 つことが大切なのです。その気持ちがあれば、自然と行動に繋がるはずです。まずは、真心を持って相手と接するということを意識してみましょう。

好かれる派Case2『周囲の人間に対する気遣いが出来る』

婚活においてもそうですが、女性が男性をチェックする際、清潔感があるというのはもちろんですが、その男性を「信頼出来る男」であるか判断する基準を知っておくことも大切です。
女性は自分に対する仕草や態度、行動だけを見ているのではなく、他人に対するあなたの行動もチェックしている事を理解しましょう。
例えば、綺麗ではない女友達には冷たいのに、いわゆる美人の女友達と接する際、あからさまに褒めたり煽てたりゴマスリしたりと態度を変える行為は最も嫌われます。
また、会社であれば、部下や後輩には横柄な態度なのに、上司や先輩には腰が低いというのもNGなパターンです。
では、どのような態度が好かれるのでしょう。
それは、分け隔てなく親切にすることです。
例えば、電車やバスでお年寄りに進んで席を譲る、これは恥ずかしい!なんていう言葉もよく聞きますが、こういった行動も女性はよくみています。弱者へ配慮出来る男性は好印象なのです。
ではなぜ、このような行動が好印象なのでしょうか。
それは、弱者と呼ばれる中には、実は女性も含まれているので、自分にどう接せるのかという判断基準になるのです。

まず相手の気持ちを察し空気を読んで行動する男性は、だれからも好かれていませんか?「相手を喜ばせたい」「何か手助けをしたい」という気持ちを持 つことが大切なのです。その気持ちがあれば、自然と行動に繋がるはずです。まずは、真心を持って相手と接するということを意識してみましょう。

嫌われる派Case1『考え方がセコくマイナス思考』

異性だけでなく、同性に与える印象で悪いもの、それは考え方がセコく、マイナス思考であることです。
分かりやすくいうとまずは、食事やホテル代をきっちり細かく割り勘する男性。セコイ(いわゆるケチ)男性は、人間としての器が小さいと判断されがちです。
考え方がセコイ男性は、割り勘だけに限りません。
例えば、楽して得をしようとする男性や損得で動く男性も魅力がありません。
そして、マイナス思考な男性は、恋愛云々ではなく同性にも嫌わるので注意しましょう。
あなたの周りにもやたらネガティブな人って居ませんか。そんな人と一緒に居ても良い気分になります。
そして、そんな人は往々にして次のような言葉が口癖になっているようです。

「どうせ俺なんて…」
「なんかいいことないかな」
「生きていてもいいことない」

こんな言葉を聞いて、あなたはどう思いますか?
例えば、周りを笑いに誘えるような自虐ネタならOKです。相手が笑ってくれて、場が和むものがよいと言えます。
しかし、マイナス思考はとにかく相手に悪い印象を与えます。
また、相手を不快にさせてしまうこともありますので、くれぐれも注意が必要です。

嫌われる派Case2『自分本位・自己中心的』

こちらについても恋愛についてだけでなく、人として同性からも嫌われるタイプです。
では、どんな人が自分本位・自己中心なのでしょう。
例えば、よく遅刻をする人は自分本位な人だといえます。なぜなら、遅れてしまったら相手の迷惑になる、ということを理解していないと判断されてしまいます。
また、行動が伴っていない人も自分のことしか考えていないとみなされてしましますので、ぜひ注意したいものです。

そのほか、こんなタイプの人は要注意!自分に当てはまる部分はないか、今一度確認されてもよいかもしれません。

●自分の意見を通そうと思い、意固地になってしまう
●物事を相手の立場になって考えられない
●気が利かない

自分がこのように嫌われてしまうような要素があることに気付いたとき、どのように対処したらよいと思いますか?
婚活をしている場合はもちろん、そうでない日常でも常に相手の立場になって物事を考えるということを意識していけば、自分本位になってしまう言動を改善することが出来ます。
好かれる男性、嫌われる男性の特徴を把握し、婚活上級者を目指して、運命の出逢いへ繋げていきましょう!

ページトップ